超音波センサーの市場規模、2026年に59億米ドル到達予測

超音波センサーの市場規模は、2020~2026年にCAGR9.5%で成長し、2026年には59億米ドルに達すると予測されています。超音波センサーは、画像処理のために高解像度に変換されるより短い波長を生成します。これは、電磁センサーと比較して超音波センサーの周波数が高いためです。このシステムは、X線撮影などのヘルスケアアプリケーションで積極的に採用されています。さらに、自律移動ロボット(AMR)に搭載され、障害物を識別したり、最も近い障害物からの車両の距離を管理したりしています。ヘルスケア、エネルギー、自動車、石油・ガスなどの業界におけるAMRの需要が高まっており、市場の成長が見込まれています。

また、自動運転車における駐車支援機能や衝突検知機能などの需要の高まりも、近年の市場成長を後押しする可能性があります。超音波センサーは、最も近い障害物の距離を特定し、障害物との衝突を回避するための支援を行います。さらに、Waymo LLC、Cruise LLC、Zooxなどの技術系企業は、自動運転車サービスの提供と成長を目指しています。例えば、Waymo LLCは2018年12月、米アリゾナ州フェニックス市で自動運転車サービスを開始することを発表しました。さらに、Texas Instruments Incorporated、村田製作所、NXP Semiconductorsなど、多くの企業が先進運転支援システム(ADAS)用の超音波センサーの開発を目指しており、市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックは、自動車部品産業に深刻な影響を与えています。自動車部品には、ブレーキ、バッテリー、各種センサーなどが含まれます。パンデミック中、中国の輸出が途絶え、欧州地域の組立工場が操業できなくなりました。一方、COVID-19の識別にロボットを活用したことなどが、これらのシステムの採用にプラスの影響を与えています。ロボットシステムは、採血の自動プロセスを支援しており、医療従事者の感染リスクを低減します。

エンドユーザー別見通し

市場はエンドユーザー別に、家庭用電化製品、自動車、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、産業用、その他に分類されます。ヘルスケアカテゴリーは、超音波検査や超音波スキャンの需要が増加しているため、最高のCAGRを記録すると推定されています。超音波スキャンでは、超音波を利用して内部の臓器や組織の画像を作成します。さらに、超音波手術器具(USI)に搭載される超音波センサーの需要が高まっており、市場関係者に収益機会を提供することが期待されています。USIは、超音波センサーを使うことで、超音波信号を機械的な振動に変換します。

タイプ別見通し

市場はタイプ別に、レベル測定、距離測定、障害物検知、その他に分類されます。障害物検知カテゴリーは、自動車の衝突回避システムの利用が増加していることから、2019年に高い市場シェアを記録すると予想されています。衝突回避システムやエアバッグなどの安全機能搭載に関する政府の厳しい規制が、この分野の成長を押し上げています。また、AudiやBMWなどの自動車には、超音波センサーと視覚ベースのシステムを統合した駐車支援システムの導入が進んでいます。さらに、障害物の識別にも同システムが採用され初めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]