持続可能なアスレジャーの市場規模、2026年に1269億米ドル到達予測

持続可能なアスレジャーの市場規模は、2020年~2026年にCAGR10.5%で成長し、2026年には1269億米ドルに達すると予測されています。アスレジャーは、快適性、スタイル、機能性を兼ね備えた新しいファッション業界のトレンドとして発展してきました。この都市型ファッションは、ここ2、3年で急速に人気を広めています。近年、消費者は持続可能なアスレジャーを好むようになっており、それはアスレジャーが最も快適な衣服の形態となっているからです。その結果、同市場の需要は、ここ数年、高い水準にあります。多くのアパレルブランドが倫理的な取引や生地のリサイクルに取り組み、環境に配慮しながら個人向けの高性能なアクティブウェアを提供しています。

フィットネスのトレンドはますます人気が高まっており、スポーツウェアやアスレチックウェアの需要を高めています。持続可能なアスレジャーは、企業文化にも応用されています。多くの人が、快適なカジュアルウェアで職場に行くことを好みます。働く人々はエレガンスさと機能性を兼ねそろえた商品を好むようになっており、アスレジャーウェアの購入を促しています。持続可能なアスレジャーは、高品質で信頼性の高い素材を使用しており、ヨガ、ランニング、サイクリング、登山など、数多くのフィットネスやレクリエーション活動に適しています。

タイプ別見通し

市場はタイプ別に、マスとプレミアムに分けられます。2019年はマスセグメントが市場シェアを独占しました。アスレジャーウェアのマス市場は、地元や地域のプレーヤーによる多様な製品の発売により、緩やかなペースで増加しています。アスレジャーウェアの平均的なコストと、若い世代の持続可能性への嗜好が、同セグメントの成長を牽引しています。

製品別見通し

市場は製品別に、シャツ、ヨガパンツ、レギンス、ショートパンツ、その他に分類されます。今後数年間は、ヨガパンツセグメントが最高のCAGRを記録することが予想されます。女性のスポーツやアウトドア活動への関心の高まりや、プレーヤーの存在も、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]