モーションコントロールの市場規模、2026年に181億米ドル到達予測

モーションコントロールの市場規模は、2020年~2026年にCAGR4.2%で成長し、2026年には181億米ドルに達すると予測されています。モーションコントロールシステムは、作業の開始や負荷のかかる動きの制御を行います。このシステムは、速度、位置、およびトルクを非常に正確に制御することができます。モーションコントロールは、製品の位置決め、別々の要素の同期、動作の迅速な開始と停止を必要とするアプリケーションに使用され、コントローラー、アンプまたはドライブ、モーターの3つの基本コンポーネントで構成されています。市場の成長を促進している主な要因は、工場の自動化に向けた高度なプロセスでの採用が挙げられます。

モーションコントロールシステムは、ユーザーフレンドリーであり、コンポーネントの統合が容易であることから、ここ数年、システムの採用が増加しています。一方、そのメンテナンスコストの高さが、市場の成長を妨げています。インダストリー4.0は、同市場のプレーヤーに成長機会を提供しており、プレーヤーは、製品の発売、事業買収、製品開発、事業拡大などの成長戦略を採用しています。例えば、2018年、Rockwell Automation社は、Allen-Bradley Motion Analyzerソフトウェアツールの更新版を市場に投入しました。このソフトウェアは、ワークフローの製品選択と直感的なナビゲーションにより、ユーザーに最適な体験を提供します。同時に、エンジニアが効率的に機能するモーションコントロールシステムを設計するのに役立ちます。

COVID-19の危機的状況で、従業員の健康と安全の確保のため、産業施設での自動化が進んでいます。さらに、製造業の自動化プロセスの導入や、政府による安全基準に基づいた生産などが、市場を活性化させる要因となっています。ここ数年、技術の進歩に伴い、産業用ロボットの需要が高まっており、製造工程を中心とした需要が高まっています。また、モーションコントロールシステムにIoTを組み込むことで、モーションコントロール市場の成長が期待されています。

システム別見通し

市場はシステム別に、クローズドループとオープンループに分類されます。2026年にはクローズドループシステムは、最も高いシェアを獲得すると考えられます。自動化されたこのシステムは、人の介入を必要としないため、採用率が高まっています。また、システムの入力を自動的に調整することができ、安定性の向上に役立ちます。

コンポーネント別見通し

市場はコンポーネント別に、モーター、アクチュエーター・メカニカルシステム、モーションコントロール、センサー・フィードバックデバイス、ドライブ、その他に分類されます。コントローラー、サーボドライブ、モーターは、自動車業界の製造・生産設備の効率化に役立つため、需要が高まっています。コントローラー、ドライブ、モーターは、モーションコントロールシステムに不可欠なコンポーネントです。さらに、モーションコントロールコンポーネントは、自動車業界の製造設備や生産プロセスの効率化に貢献するため、世界的に需要が急増しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]