マーケティングリソース管理の市場規模、2026年に65億米ドル到達予測

マーケティングリソース管理の市場規模は、2020年~2026年にCAGR13.8%で成長し、2026年には65億米ドルに達すると予測されています。マーケティングリソース管理(MRM)とは、マーケティングプロセスの計画、生産、設計など、従業員と関連するテクノロジーおよび運用を効果的に管理するテクノロジーを指します。MRMアプリケーションの登場により、企業の計画・予算策定を支援できるようになりました。マーケティング部門は、予算編成やプランニングなどの機能を利用して、効率的に予算を計画し、経費の種類を特定することができます。

デジタル化の進展に伴い、各国でクラウドベースのMRMソリューションの導入が進み、市場の大きな推進力となっています。企業は、費用対効果に優れ、カスタマイズ可能なマーケティングエコシステムを構築するために、クラウドやSaaS(Software-as-a-Service)ベースのソリューションを採用する傾向にあります。さらに、人工知能(AI)やビッグデータツールをMRMに組み込むことで、データ駆動型マーケティングを実現し、市場の成長を促進しています。

これらの技術的に高度なソリューションは、企業がデジタルマーケティング資産の効果を評価し、最高の利益を得るための見直しに役立ちます。また、カスタマイズされたブランドイメージに対する組織的な需要の高まりも、市場成長の原動力となっています。MRMは、顧客中心のコンテンツを提供し、新しい顧客プロファイルによるブランド体験の向上や、市場での存在感を高めるようプログラムされており、多くの組織で採用されています。その他にも、急速な都市化、消費者の支出能力の向上、情報技術(IT)分野における包括的な研究開発(R&D)などが、市場の成長を促進すると予想されています。

企業規模別見通し

市場は企業規模別に、大企業と中小企業に分けられます。今後は、大企業セグメントがより高い市場シェアを占めると予想されます。大企業におけるマーケティングリソース管理ソリューションの導入は、先進的な技術、幅広い製品ポートフォリオ、多くのリソース、複雑なワークフローの同化が進んでいるため、大規模なものとなっています。

コンポーネント別見通し

市場はコンポーネント別に、ソリューションとサービスに分かれています。ソリューション部門はさらに、マーケティング資産管理、プロジェクト管理、ブランド・広告管理、財務管理、キャパシティプランニング管理、その他に分けられます。ソリューション部門は、今後数年間で高い市場規模を獲得すると予測されています。これは、同ソリューションが、マーケティング予算、マーケティングカレンダー、およびデジタル資産の管理など、ビジネス上の問題に対処するためです。

エンドユーザー別見通し

市場はエンドユーザー別に、製造業、消費財・小売業、旅行・ホスピタリティ、ヘルスケア、通信・IT、BFSI、その他に分類されています。2019年は製造業セグメントが最も高い市場シェアを獲得しました。MRMソリューションは、デジタル資産を効率的に保存、検索、配信するために製造業で広く活用されています。これらのソリューションは、組織内外での資産管理やコラボレーションを容易にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]