マーケティング分析ソフトウェアの市場規模、2026年に68億米ドル到達予測

マーケティング分析ソフトウェアの市場規模は、2020年~2026年にCAGR16.9%で成長し、2026年には68億米ドルに達すると予測されています。マーケティング分析ソフトウェアは、市場と消費者行動の多面的な分析を行います。企業はマーケティングの手法や媒体を評価し、マーケティング活動の効果を認識することができます。マーケティング分析ソフトウェア製品は、企業のマーケティング戦略の改善に重要な役割を果たします。特に、オンラインフォーラムやソーシャルメディアネットワークを介してデジタルエコシステムにつながっている消費者の、購買行動の分析が容易になります。

同市場を牽引する要因の一つは、ソーシャルメディアに参加する人の増加です。ソーシャルメディアプラットフォームから得られる大量の消費者関連データは、意思決定にまつわる傾向を見出せる可能性があります。また、マーケティング分析ソフトウェアの有用性に対する企業の認識が高まっていることや、アナリティクスソフトウェアの応用分野が増えていることも、市場の成長を押し上げています。

組織規模別見通し

市場は組織規模別に、大企業と中小企業に分けられます。2019年は、大企業セグメントが最大シェアを占めました。大企業は、網羅的なマーケティングプランを実践し、様々なマーケティングキャンペーンを実施しています。オンラインおよびオフラインのキャンペーンは、ブランドや代理店によってさまざまなチャネルで支持され、広告効果、消費者行動データ、視聴者の好みに属する膨大なデータを生成します。マーケティング分析ソフトウェアを使用することで、担当者は有益な洞察を得て、マーケティングキャンペーンの修正、収益成長の追跡、サービスの改善を、行うことができます。

アプリケーション別見通し

市場はアプリケーション別に、ソーシャルメディアマーケティング、Eメールマーケティング、検索エンジンマーケティング、コンテンツマーケティング、その他に分類されます。2019年は、ソーシャルメディアマーケティングのセグメントが最大シェアを占めていました。これは、インドネシア、インド、ブラジルなどの発展途上国で、ソーシャルメディアプラットフォームの利用が増加していることに起因しています。手頃な価格のパッケージを利用できるようになったことで、インターネットが普及し、マーケティング担当者が人々のニーズを理解し、適切なマーケティングキャンペーンを選択できるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]