統合型職場管理システム(IWMS)の市場規模、2026年に74億米ドル到達予測

統合型職場管理システム(IWMS)の市場規模は、2020年~2026年にCAGR15%で成長し、2026年には74億米ドルに達すると予測されています。統合型職場管理システムは、施設管理、IT、不動産の専門家が広く使用しているソフトウェアプラットフォームです。このソフトウェアは、企業施設のライフサイクルをエンドツーエンドで管理するのに役立ちます。IWMSは、職場のリソースの使用を最適化することで、従業員の利便性を向上させることができます。また、不動産ポートフォリオを監視することで、コストの節約にも役立ちます。

IWMS市場の成長に寄与している主な要因は、不動産企業によるワークフロー自動化ソリューションの採用が進んでいること、政府によるエネルギー管理の重要性が高まっていることなどが挙げられます。その他の要因としては、企業の社会的責任(CSR)の重要性の高まりが挙げられます。しかし、企業におけるIWMSソリューションの認知度の低さや、専門スタッフの不足などが、市場の成長を制限しています。一方で、IoT、AI、機械学習などの新技術の導入と、それらのIWMSへの導入の増加は、同市場を牽引しています。また、スマート&サステイナブルな建物の増加は、今後の市場に有利な成長機会を提供すると予想されます。

COVID-19の発生は、同市場の成長に軽微な影響を与えると思われます。各国のIWMS市場は、過去数年間で多大な成長を見せており、今後も継続した傾向を示すと思われます。しかし、COVID-19のパンデミックにより、各国政府が課した強制的なロックダウンにより、製造業や小売業などの産業が停止しました。そのため、2020年のIWMS市場の成長は鈍化していました。しかし、COVID-19以降、従業員の健康を守り、より安全な職場を提供する必要性が高まっていることから、IWMS市場は2021年半ばまでに、徐々に回復すると予測されます。

企業規模別見通し

市場は企業規模別に、大企業と中小企業に分けられます。2019年は大企業セグメントが市場を牽引しました。大企業は、複雑な作業環境を合理化するためにIWMSソリューションを採用しています。これらの企業は、リソースの割り当てや戦略的な意思決定のために、強力なモニタリングと自動化機能を求めています。

コンポーネント別見通し

市場はコンポーネント別に、ソリューションとサービスに分かれています。ソリューションセグメントはさらに、施設・スペース管理、不動産・リース管理、資産・メンテナンス管理、プロジェクト管理、その他に分かれています。2019年は、ソリューションセグメントが高い市場シェアを占めました。これは、資産管理とスマートメンテナンスの必要性、従業員の生産性向上への関心の高まり、ITコスト削減の必要性、不動産や施設管理コストを削減するアクティブワークプレイスの採用などが要因と考えられます。

エンドユーザー別見通し

市場はエンドユーザー別に、製造業、BFSI、IT・通信業、ヘルスケア、不動産・建設業、小売業、その他に分類されます。2019年は、製造業セグメントが最高シェアを獲得しました。これは、オペレーション&メンテナンスと他のプロジェクトの作業を同じプラットフォーム上で管理し、エネルギー支出のための洞察を得て、施設の生産性を向上させ、規制やガバナンスに適合させるなど、システム利用による数多くのメリットに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]