ハイスピードカメラの市場規模、2026年に8億5410万米ドル到達予測

ハイスピードカメラの市場規模は、2020年~2026年にCAGR11.9%で成長し、2026年には8億5410万米ドルに達すると予測されています。ハイスピードカメラは、人間の目では検出できない高速プロセスの分析に役立つ研究およびメディアツールとして広く使用されています。また、繰り返し配置された画像を高いフレームレートで撮影・記録し、後にその映像をスローモーションで再生することができます。これにより、人間の目では理解することが難しい高速で起こった出来事を見て、計測することができます。その品質は、フレームレート、解像度、イメージプロセッサー、センサーサイズ、メモリーサイズ、ファン、冷却システム、その他の半導体部品などの要素に左右されます。

スポーツ分野でも、フレームレート、高解像度、画像処理などの機能向上により、ハイスピードカメラの需要が高まっています。また、自動車・輸送分野では、小型・軽量のハイスピードカメラの需要が高まっており、サーマルイメージング用途でのハイスピードカメラの使用が急増していることなどが、市場を牽引する大きな要因となっています。また、ITS(高度道路交通システム)や航空宇宙・防衛産業でのハイスピードカメラの使用が増加していることが、市場の成長を後押ししています。一方、ハイスピードカメラのコストの高さが、市場の成長を抑制する可能性があります。

フレームレート別見通し

市場はフレームレート別に、1,000~5,000fps、5,000~20,000fps、20,000~100,000fps、100,000fps以上に分類されます。科学研究、設計、実験室での燃焼研究、噴霧分析、振動分析などの分析には、高解像度のハイスピードカメラが必要となります。

アプリケーション別見通し

市場はアプリケーション別に、自動車・輸送、エンターテインメント・メディア、研究・設計・実験室、家電、航空宇宙・防衛、スポーツ、製造業、その他に分類されます。2019年は、自動車・輸送分野の市場シェアが最も高くなっています。生産ラインのメンテナンス、モニタリング、トラブルシューティングなどのアプリケーションには、ハイスピードカメラが必要です。これは、エラー検出に十分な高品質の画像を生成し、工業生産工場の生産ラインを監視することができるハイスピードカメラの特性によるものです。ハイスピードカメラはコスト効率が高く、解像度は5MP以上です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]