コントロールバルブの市場規模、2026年に78億米ドル到達予測

コントロールバルブの市場規模は、2020年~2026年にCAGR7.8%で成長し、2026年には78億米ドルに達すると予想されています。コントロールバルブは、化学、発電、自動車、鉱業、石油・ガス、水管理、医薬品、食品・飲料などのプロセス産業において、圧力、温度、流量、液面などのプロセス変数を制御するために使用されます。コントロールバルブは、これらのプロセス産業の安全性、効率性、収益性を向上させることができます。さらに、コントロールバルブを製造する企業は、さまざまな業界の新たなトレンドや変化に対応した製品を開発するために、常に研究開発に取り組んでいます。

同市場の成長は、COVID-19パンデミックによる製薬・医療業界でのバルブ需要の増加、APAC(アジア太平洋地域)でのエネルギー需要の増加、産業機器のサポートや監視のためのネットワーク接続の必要性の高まりによって促進されています。さらに、新規・既存の原子力発電所に対する注目度の高まりも、制御値市場を後押ししています。

プロセス産業における自動化の必要性は、コントロールバルブ市場の成長を大きく押し上げると予想されます。さらに、石油・ガス産業や医薬品インフラへの投資が増加していることも、コントロールバルブ市場の成長を促進すると推測されます。例えば、インドは石油・ガス探査に多額の投資を行い、石油・ガスの需要を満たすために天然ガスのインフラを整備しています。さらに、コントロールバルブ市場は、食品・飲料業界における需要によって推進されています。

タイプ別見通し

市場はタイプ別に、リニアとロータリーに分類されます。今後はロータリーセグメントが有望な成長を見せると予想されます。ロータリーバルブは、汚れたサービスアプリケーションでも目詰まりしにくく、ステムパッキンを使用することで、高価なベローズシールを使用せずに排出量を簡単に調整することができます。その上、小型で軽量なため、需要が継続的に増加しています。

動作別見通し

市場は動作別に、空気圧式バルブ、油圧式バルブ、電気式バルブに分類されます。2019年は空気圧式セグメントが最大シェアを獲得すると推定されます。

産業分野別見通し

市場は産業分野別に、上下水道、鉱業、医薬品、食品・飲料、政府・防衛、石油・ガス、化学、その他に分類されています。石油・ガス産業は、湾岸協力会議(GCC)諸国におけるエネルギー需要の増加と掘削活動の活発化を背景に、大きな成長機会を得ています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]