手荷物処理システムの市場規模、2026年に109億米ドル到達予測

手荷物処理システムの市場規模は、2020年~2026年にCAGR7.9%で成長し、2026年には109億米ドルに達すると予測されています。手荷物処理システムは、乗客の手荷物を出発地から貨物室、そして到着地へと搬送するコンベアシステムです。また、手荷物の重量を監視したり、手荷物の数を表示してセキュリティを確保したり、手荷物に特徴的なバーコードを付けたりするためのさまざまなコンポーネントで構成されています。

手荷物処理システムは、バーコードシステムやRFID(Radio Frequency Identification)などのさまざまな技術を使用してハンドリングプロセスを実現しており、鉄道、空港、その他の場所で広く使用されています。航空旅客数の増加、空港でのオペレーション効率向上への関心の高まり、インターモーダル輸送の発展などにより、同市場は牽引されています。

航空旅客数の増加、技術の進歩、空港の近代化などが、手荷物処理システム市場の成長を促進しています。しかし、システム障害の影響が大きいことや、システムの初期費用や維持費の増加が、市場の成長を制限しています。今後は、空港でのロボット化の導入が、手荷物処理システム関連企業に多くの市場機会を提供すると思われます。

トラッキングテクノロジー別見通し

市場はトラッキングテクノロジー別に、バーコードシステムとRFIDシステムに分類されます。RFID部門は、費用対効果と信頼性の高さにより、高い成長を示すと推定されます。RFIDは、手荷物の誤操作を20%削減し、顧客の利便性を向上させます。また、RFIDは、IATA決議753に準拠した手荷物の誤操作の記録を簡単に取得することができます。

タイプ別見通し

市場はタイプ別に、コンベアとDCV(Destination Coded Vehicle)に分類されます。今後は、コンベア部門が市場をリードすると予測されます。旅行者数が少ない空港では、手荷物の輸送媒体としてコンベヤが中心に採用されています。

輸送手段別見通し

市場は輸送手段別に、空港、鉄道、海上に分けられます。空港部門は、今後20~30年は市場における優位性を維持すると考えられます。中国とインドは、政府の優遇措置や義務化により、空港産業の主要オペレーターとして台頭してきました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]