自動車用ロボットの市場規模、2026年に129億米ドル到達予測

自動車用ロボットの市場規模は、2020年~2026年にCAGR12.3% で成長し、2026年には129億米ドルに達すると予測されています。ロボット工学は、コンピュータ、機械、電気、その他を含む、学際的な科学と工学の分野を指します。また、ロボットの設計、構築、操作に関わり、人の代替となる機械の開発に利用されています。

ロボット工学は、商業用ロボットや家庭用ロボットなど、さまざまな分野で利用されています。商業用ロボットは、自動車、軍事、医療、農業など、多くの産業で利用されています。ロボット工学の応用は主に自動車産業を中心に発達してきました。様々な種類の自動車用ロボット製品の中で、多関節ロボットが同市場の主要なシェアを占めています。さらに、ロボットコントローラコンポーネントは、今後、自動車用ロボット市場を押し上げる収益性の高い要素となります。

平均所得の増加によって自動車需要は増加し、その結果、自動車産業は世界で最も繁栄している分野となりました。自動車産業の主要プレーヤーは、世界的に有名な企業がその存在感を示しています。したがって、自動車部門の成長は、直接、自動車用ロボット市場の成長に影響を与えます。自動車産業におけるロボットの需要は、多くの要因によって後押しされています。例えば、米国、ロシア、ドイツ、インド、中国、日本などの主要な自動車製造地域の近代化や、進化する自動車製品ラインへの莫大な投資などが挙げられます。

コンポーネント別見通し

市場はコンポーネント別に、ロボットアーム、エンドエフェクター、センサー、コントローラー、ドライブ、その他に分類され、中では、ロボットセンサー分野が最高シェアを獲得しています。センサーが組み込まれたロボットは、製造プロセスに関するインテリジェントな判断を下すことができ、よりシンプルで時間のかからないプロセスを実現します。自動車用ロボットに使用される主なセンサーシステムには、視覚認識センサーと力覚センサーがあります。

タイプ別見通し

市場はタイプ別に、多関節型、直交型、円筒型、スカラ型、その他に分類されます。自動車用ロボット市場では、多関節ロボットが最大シェアを占めると予想されています。さらに、多関節ロボットは、マテリアルハンドリング、溶接、材料の除去や塗布などに利用され、その利用率は高まっています。多関節ロボットは通常4~6軸で構成されていますが、最新技術や開発によって10軸になることもあり、より汎用性が高くなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]