抗生物質の市場規模、2026年に625億米ドル到達予測

抗生物質の市場規模は、CAGR5.3%で成長し、2026年には625億米ドルに達すると予測されています。抗生物質は、細菌や原虫の感染に対抗する物質です。また、尿路感染症、肺炎、連鎖球菌、皮膚感染症、副鼻腔感染症、耳の感染症など、多くの病気の治療に役立ちます。抗生物質は様々な基準で分類されますが、最も一般的な分類は、活性スペクトル、化学構造、作用機序に基づいて行われます。現在、医療関係者の間では、β-ラクタム系およびβ-ラクタマーゼ阻害系の抗生物質に対する需要が高まっています。

抗生物質市場は、中・低所得国における消費量の増加、製薬会社の研究開発活動への莫大な投資、感染症の増加などを背景に成長しています。しかし、抗生物質耐性の増加や薬剤承認コストの上昇が、市場の成長を妨げています。一方で、抗生物質耐性のある微生物感染症を治療するための高度な見込み分子や、新規併用療法の開発は、大きな市場機会を提供すると考えられます。

また、アジア太平洋地域や中東などの発展途上地域における感染症の増加が、市場の成長を支えていると予測されます。WHOのデータによると、子供の死亡原因の15%以上が肺炎を原因としていると報告されています。同様に、南アジアやサハラ以南の地域では、結核の発生率が高いとされています。現在、必要とされている抗生物質による治療を受けられるのは、感染者の3分の1に限られています。

薬剤クラス別見通し

市場は薬剤クラス別に、セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド、カルバペネム、アミノグリコシド、スルホンアミド、その他に分類されます。その他の抗生物質には、イミダゾール系、テトラサイクリン系、モノクローナル抗体、リンコサミド系などがあります。今後は、その他の抗生物質カテゴリーが高いCAGRを示すと予想されています。例えば、モノクローナル抗体は、抗生物質耐性を獲得した人々のための革新的な製品です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]