アイウェアの市場規模、2026年に1027億米ドル到達予測

アイウェアの市場規模は、2020年~2026年にCAGR7%で成長し、2026年には1027億米ドルに達すると予測されています。アイウェアには、目を異物から保護したり、視力を矯正したり、有害な放射線や極端な光から目を守るために使用されるアクセサリーが含まれます。アイウェアには、視力矯正や埃から目を守るために使用されるメガネ、サングラス、レンズなどがあります。高齢者人口の増加、ファッショントレンドの変化などの要因により、アイウェアの需要が高まっています。現在のシナリオでは、アイウェアは視力矯正のためだけではなく、外見を良くするためにも使用されています。市場では、軽量素材の使用など、革新的なアイウェアやレンズを提供している企業が存在します。

老眼など加齢に伴う障害からのコンタクトレンズやアイウェアの需要の増加は、世界の市場を後押しします。2018年のWHOの報告書によると、世界ではすでに13億人を上回る人が何らかの視覚障害に苦しんでおり、そのうち約1億8850万人が近視で、約2億1700万人が中度から重度の視覚障害があり、約8億2600万人が遠視の症状にあります。近代的な医療システムと平均寿命の延長により、高齢者人口が増加し、同市場は継続的に成長しています。

アイウェア業界のコモディティ化、エンターテイメントやメディアの影響、ファッショナブルなアイウェアへの傾倒などが、製品需要を押し上げる要因となっています。ミレニアル世代のファッション意識の高まりと、多様なトレンディなメガネが入手できることが、市場を押し上げる要因です。また、耐久性に優れ、修理が容易なプラスチックフレームの需要が増加していることも、市場成長の一因となっています。

パーツ別見通し

市場はパーツ別に、レンズとフレームに分けられます。フレームセグメントは、2020年から2026年にかけて高いCAGRを示す可能性があります。眼鏡フレームを定期的に交換する習慣が、このセグメントの成長を後押しすると予想されます。また、耐久性に優れたファイバーフレームの採用が進んでいることも、需要の増加につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]