ソーシャルコマースの市場規模、2026年に1兆9485億米ドル到達予測

ソーシャルコマースの市場規模は、2020年~2026年にCAGR 29.4%で成長し、2026年には1兆9485億米ドルに達すると予測されています。ソーシャルコマースとは、SNSを利用してサービスや商品の宣伝・販売を行うものです。ソーシャルコマースでは、どのソーシャルメディアプラットフォームからでも商品を購入することができます。

COVID-19パンデミックにより、多くの国で必要かつ厳しい監禁措置がとられました。このため、2020年の市場はやや低迷しました。2020年のロックダウンの結果、多くの製造業のサプライチェーンや工場の操業が停止し、市場は減少傾向にありました。企業は操業を再開したものの、年内は緩やかな回復が予測されます。2020年第4四半期頃から市場は回復し始め、2021年までこの傾向は続くと予測されました。

電子商取引とソーシャルネットワーキングの改革に対する必要性が高まっています。これら2つの統合は市場を席巻し、今後数年間にわたり業界全体に大きな影響を与える可能性があります。市場はいずれも初期の成熟段階にありますが、2つのソリューションを融合することで、間違いなくその成長は促進されるでしょう。ソーシャルメディアは広告の域を超えて成長しており、ソーシャルコマースも決済の代替メカニズムの域を超えた成長を見せています。

製品タイプ別見通し

市場は製品タイプ別に、アパレル、パーソナル・ビューティーケア、家庭用品、アクセサリー、食品・飲料、健康補助食品・その他に分類されます。2019年は、アパレル部門が高いシェアを獲得しています。アパレルは、オンラインやソーシャルメディアのプラットフォームで最も人気のある販売商品です。この市場では、多くのベンダーがアパレルを販売しています。COVID-19の発生による、各国の厳しいロックダウンにより、人々はオンラインで過ごす時間を増やし、新しいソーシャルコマースのショッピングプラットフォームに魅力を感じるようになりました。

ビジネスモデル別見通し

市場はビジネスモデル別に、B2C(Business to Consumer)、B2B(Business to Business)、C2C(Consumer to Consumer)に分類されます。2019年は、B2C部門が最大シェアを獲得しました。ソーシャルコマースのプラットフォームでは、顧客は、商品を見て選んで注文することができると同時に、他のユーザーが投稿したレビューに基づいて商品を比較することもできます。また、B2B部門では中間業者が介在しないため、顧客は低価格で商品を入手でき、企業は販促キャンペーンや注文処理に十分な費用をかけることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]