ポータブル消火器の市場規模、2026年に156億米ドル到達予測

ポータブル消火器の市場規模は、2020年~2026年にCAGR12.8%で成長し、2026年には156億米ドルに達すると予測されています。消火器は、火を消火し生命と財産を守るための安全ツールです。また、敷地内や周囲への延焼を抑えるのに役立ちます。ポータブル消火器は、通常、円筒形の圧力容器の中に消火剤が入っています。その特徴としては、取り扱いが簡単で、軽く、容易に持ち運ぶことができます。

防火産業は、防火対策の基礎となる消火器に依存しています。消火技術は、火災事故に対するサービスとセキュリティを提供するものとして継続的に進歩しています。しかし、従来の消火器の使用や設置に関するエンドユーザーの信頼性の低さは、防火業界のメーカーの戦略的ビジョンに悪影響を与えています。

人命や財産の安全・安心に対する関心の高まりが、ポータブル消火器市場を牽引しており、今後の需要を押し上げる要因となっています。また、家庭や商業施設での火災事故が増加していることも、ポータブル消火器の需要を押し上げています。さらに、消火器設置に対する政府の規則が厳しくなっていることも、市場の成長を後押しすると考えられます。

製品タイプ別見通し

市場は製品タイプ別に、ドライケミカル式、二酸化炭素式、水式、泡式、その他に分類されます。二酸化炭素式ポータブル消火器は、商業空間での需要が高く、今後、堅調に成長すると推定されます。この消火器は、クラスBおよびクラスKの火災タイプに非常に効果的で、残留物や付随的なダメージを残しません。また、水消火器と泡消火器は、顕著な成長を示すと考えられます。泡消火器の冷却効果は、再燃の可能性を低下させます。一方、ポータブル消火器の価格の高さが、市場の成長を抑制しています。

販売チャネル別見通し

市場は流通経路別に、非住宅部門と住宅部門に分けられます。2019年は、非住宅部門が最大シェアを記録し、今後もその優位性を維持すると推定されます。増加する商業・工業施設が、ポータブル消火器市場の需要を押し上げています。政府は、商業、工業、公共施設で、安全のために厳しい規制を課しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]