ネオバンクの市場規模、2026年に3334億米ドル到達予測

ネオバンクの市場規模は、2020年~2026年にCAGR47.1%で成長し、2026年には3334億米ドルに達すると予測されています。ネオバンクは、物理的な支店やオフィスを持たずに、幅広い銀行ソリューションを提供しています。銀行業界における顧客の快適性に対する要求の高まりが、市場の成長を後押しすると予想されています。ネオバンクは、顧客を中心に考えたサービスを提供しており、従来の銀行とは一線を画しています。ネオバンクのプラットフォームでは、モバイルサイトやオンラインチャネルの助けを借りて、ユーザーがリアルタイムでサービス内容を検証することができます。

これらのプラットフォームを利用することで、人による干渉の必要性がなくなり、取引に関連するエラーが減少します。さらに、迅速なサービス、健全な金利、費用対効果の高い銀行業務など、数多くの利点を提供しており、これらの利点が今後の市場の成長を促進すると考えられます。ネオバンクは、入出金や残高管理などの金融サービスにかかる月額費用が低額、もしくは無料という、エンドユーザーにとって価値のあるモデルであることから、大きな成長が期待されています。

世界中でインターネットやスマートフォンが普及していることが、ネオバンクの市場ポテンシャルを高めています。また、世界的な市場競争は、顧客の関心の高まりによって後押しされており、ネオバンクは、入会奨励金や当座貸越保護などの様々な機能を導入しています。ネオバンクがフリーミアムモデルを採用して無料でサービスを提供することで、幅広い顧客層にアピールすることが出来ます。また、低金利などの個人金融管理機能やユーザーエクスペリエンスの向上などの利点から、顧客はネオバンクサービスを広く受け入れています。

口座タイプ別見通し

市場は口座タイプ別に、ビジネス口座と貯蓄口座に分類されています。2019年は、ビジネス口座セグメントが中心となりました。企業は、一括払いのための好ましい支払い方法としてネオバンクを採用しています。さらに、ネオバンクモデルは、開発者が使いやすいバンキングアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を用いて、ワークフローにバンキングをスムーズに組み込み、ビジネスの迅速かつスケーラブルな成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]