マタニティインナーの市場規模、2026年に81億米ドル到達予測

マタニティインナーの市場規模は、2020年~2026年にCAGR10.3%で成長し、2026年には81億米ドルに達すると予測されています。マタニティインナーは、胎内で成長する赤ちゃんにフィットするようにデザインされており、通常のインナーよりもしっかりと腹部を固定し、快適に過ごすことができます。妊娠中に通常のショーツを着用することの欠点は、お腹が大きくなるにつれて伸びてしまうことですが、マタニティインナーを着用することで、妊娠後もお腹を保持することができます。

技術の進歩により、新しいデザイン技術、寸法、革新的な素材、強化された生産方法が導入され、下着・室内着ビジネスも大きな変化を遂げてきました。これにより、女性用インナーウェアの種類、品質、用途が大きく変化しました。マタニティウェアに対する意識の高まりや、労働人口に占める妊婦の増加などが、今後のマタニティインナーウェア製品の需要を押し上げる主な要因となっています。

COVID-19パンデミックの発生は、サプライチェーンの混乱により、全世界の製品販売にマイナスの影響を与えています。しかし、多くのブランドがeコマースサイトを利用したマーケティングに注力しているため、オンライン販売が市場の成長に貢献しています。実店舗で活動する専門小売業者は、オンラインまたはEコマースの小売業者との競争に直面しており、実店舗を維持するための高額なコストがこの競争にとり不利となっています。

流通チャネル別見通し

市場は流通チャネル別に、オンラインとオフラインに分類されます。2019年は、オフラインセグメントが高いシェアを占めています。消費者は製品を購入する前にその品質を実際に確認したいと考えているため、メーカーは小売店の設置を推し進めています。マタニティインナーメーカーは各国で実店舗を展開しています。

製品別見通し

市場は製品別に、マタニティブリーフ、キャミソール、シェイプウェア、マタニティナーシングブラに分類されます。2019年はマタニティブリーフセグメントが高いシェアを獲得しました。各国で個人衛生の必要性が高まっていることから、消費者間で使い捨てブリーフの人気が高まっています。使い捨てブリーフは、出産後の最初の数日間の使用に適しています。マタニティナーシングブラは、最も高い成長率を示すと予想されています。マタニティナーシングブラは、授乳を容易にする留め具がストラップに付いています。また、革新的なデザインによるワイヤーなしのブラジャーは、世界中で人気が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]