去勢抵抗性前立腺がんの市場規模、2026年に145億米ドル到達予測

去勢抵抗性前立腺がんの市場規模は、2020年~2026年にCAGR8.3%で成長し、2026年には145億米ドルに達すると予測されています。去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)は、一般的にアンドロゲン除去療法(ADC)を管理した後に再発する前立腺がんの種類で、前立腺がん市場で顕著になっています。

CRPCの世界市場は、高いアンメットクリニカルニーズ、有病率の増加、限られた生存利益、急速に出現した治療法の修正などにより、注目すべき速度で上昇すると推定されます。市場の成長は、生存利益を確保する責任がある、独自の画期的な治療法に依存しています。延命効果は、承認された新薬の売上や市場への浸透をコントロールするのに役立ちます。

治療パターンの変化、未開発の非転移性CRPC領域の発生、有望な薬剤パイプライン、患者の意識向上などが、市場成長を促進する要因と考えられます。さらに、アジア太平洋地域やLAMEA(ラテンアメリカ・中東・アフリカ)地域で未開拓のCRPC市場があることも、市場の成長を後押しすると考えられます。また、未開拓の非転移性CRPCの設定は、市場の成長をさらに加速させます。しかし、不透明な償還政策、CRPC治療薬の高額な価格設定、承認されている薬剤と新規薬剤の作用機序の違いなどが、市場の成長を抑制すると予想されます。

一方、去勢抵抗性前立腺がんの増加、新薬の普及、不健康な生活習慣などは、市場の成長を促進する主な要因と考えられます。また、迅速な治療法が求められていることや、大手企業が研究開発に資金を提供していることも、市場の成長に寄与しています。

治療法別見通し

市場は治療法別に、ホルモン療法、免疫療法、化学療法、放射線療法に分類されています。2019年は、ホルモン療法が最も高い収益シェアを獲得しました。この成長は、膨大な数の承認薬の存在、新薬の導入、製品ポートフォリオの成長によるものです。さらに、アンメットニーズや現在の治療オプションを満たすための医薬品の進歩が、去勢抵抗性前立腺がんの市場を拡大すると推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]