バイオディフェンスの市場規模、2026年に175億米ドル到達予測

バイオディフェンスの市場規模は、2020年~2026年にCAGR5.8%で成長し、2026年には175億米ドルに達すると予測されています。バイオディフェンスとは、国家のバイオセキュリティを再構築するために採用される医学的または軍事的な措置のことです。生物毒素や感染性病原体などの脅威は、人間、動物、または環境を破壊したり感染させたりするなど、悪意を持って利用され、生物兵器を誘発する可能性があります。バイオテロに使用される薬剤には、細菌、ウイルス、真菌、毒素など、様々なものがあります。

社会的および経済的混乱を引き起こすために、これらの薬剤を意図的に利用して、人間に感染させたり死に至らしめたりすることがあります。バイオディフェンス市場は、政府による取り組み、政府の関心の高まりや資金提供の増加など、さまざまな要因によって促進されています。さらに、民間企業からの投資の増加や、インフルエンザ、エボラウイルス、ジカウイルスなど、さまざまな病原体の流行も、今後のバイオディフェンス市場の範囲を広げる要因となっています。

ここ数年、遺伝子工学やバイオテクノロジーの技術が飛躍的に進歩し、自然界に存在するウイルスを再設計して、脅威として利用することができるようになったことで、この戦略的なウイルスに対処する革新的な方法が提供されています。また、これらのウイルスは容易に入手できるため、バイオディフェンスは世界各国にとって重要な側面となっています。バイオテロリズムを実行するために、ボツリヌス菌、炭疽菌、化学物質や核物質などの様々な生物学的薬剤が使用され、深刻な破壊を引き起こしています。

製品別見通し

市場は製品別に、炭疽菌、天然痘、ボツリヌス菌、放射線・核爆弾、その他のセグメントに分けられます。炭疽菌セグメントは、2019年に最高の市場シェアを獲得し、今後も高いCAGRで成長すると予想されています。炭疽菌は、グラム陽性菌であるバシラスアントラシスによって引き起こされ、最も使いやすいバイオテロ兵器の1つです。この胞子は、食品、水、粉末、スプレーなどに混入することで、容易に環境を汚染することが出来ます。

地域別見通し

市場は地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分かれています。2019年は、北米が最大シェアを占めました。また、同地域は、技術の進歩、連邦政府による大規模な投資、国民の意識の高まりなどにより、今後も高いCAGRを示すことが予想されます。さらに、同地域には主要企業が進出していることも、市場のプラス要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]