ベビーアパレルの市場規模、2026年に2071億米ドル到達予測

ベビーアパレルの市場規模は、2020年~2026年にCAGR8.8%で成長し、2026年には2071億米ドルに達すると予測されています。ベビーアパレルは、アウターウェア、ナイトウェア、インナーウェア、ソックス、タイツなどが、子供の年齢によって特徴づけられ、デザインされています。乳児用は主に生後12ヶ月未満を対象とし、幼児用は1~3歳の子供を対象としています。

人々のライフスタイルの変化や女性の労働人口の増加により、赤ちゃんに適したおしゃれに対する意識が高まっています。そのため、ベビーアパレル市場は大きく成長しています。新しいスタイルへの需要が継続的に増加していることから、製品イノベーションが行われており、ベビーアパレルメーカーにとって成功要因となっています。

赤ちゃんの安全性と快適性に対する意識の高まりは、今後の市場成長の重要な要因となります。同時に、親は着やすく快適なだけでなく、最新のファッショントレンドに沿ったスタイルにも注目しています。このような消費者の動向は、ベビーアパレルのバリエーションを拡大する上で大きな役割を果たすと考えられます。

製品別見通し

市場は製品別に、アウターウェアとアンダーウェアに分けられます。アウターウェアセグメントは、2019年に最大シェアを獲得しました。現代的な親は、子供にスタイリッシュな服を望んでおり、ファンシーアパレルの需要を促進しています。さらに、インターネットを通じて子供の最新のファッションについての情報を得ているため、各国でキッズのファッションショーが増加しています。また、新しいファッションを広めるために、世界中で数多くの子供用展示会やイベントが開催されています。

流通チャネル別

市場は流通チャネル別に、オンラインとオフラインに分けられます。オンラインチャネルは、今後数年間で大幅に拡大する見込みです。親がインターネットにアクセスする機会が増えたことで、Facebook、Pinterest、Instagramなどのソーシャルメディアサイトから最新のファッションをより早く、簡単に更新できるようになりました。加えて、Amazon、Flipkart、AlibabaなどのEコマースサイトの絶え間ないプロモーションや割引が、オンラインショッピングの導入を促進しています。さらに、オンラインチャネルは、業界の新規参入者にも、世界中で製品を宣伝・販売するプラットフォームを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]