高級ワインとスピリッツの市場規模、2029年に3496億米ドル到達予測

高級ワインとスピリッツの市場規模は、2023年からCAGR6.3%で成長し、2029年には3496億米ドルに達すると予測されています。

顧客は環境に関心を持ち、持続可能で地球に優しい手法で生産された商品を求めています。その結果、合成肥料や農薬を使わずに栽培されたブドウから作られるオーガニックワインやオーガニックスピリッツの需要が高まっています。持続可能な方法で作られたワインやスピリッツの需要は、真正性と透明性を求めるニーズにも後押しされています。消費者は、自分の製品がどこで、誰によって作られたかを知るため、持続可能性や道徳的な製造方法に取り組んでいる企業を支持する傾向があります。

その結果、環境とブドウの木の健康を考慮した包括的なプロセスで製造されるバイオダイナミックワインやサステナブルワイン、スピリッツの生産が増加しています。高級ワインやスピリッツの需要は、これらの飲料に対する消費者の関心によって、さらに高まっています。消費者のワインやスピリッツに対する関心や、新鮮で魅力的な体験への興味が、特定のフレーバーや製造工程、歴史を持つ高級ワインや蒸留酒の需要を高めています。

製造や歴史に対する消費者の好奇心により、ワインやスピリッツのツーリズムがますます盛んになっています。ワインテイスティングイベントやブドウ園ツアーなど、個性的で高価な商品を提供するツアーが人気を集めています。また、インターネットの普及により、ワインや蒸留酒に関する情報を簡単に入手できるようになったため、高級な商品をオンラインで気軽に購入できるようになりました。これにより、より多くの消費者が高級ワインや蒸留酒にアクセスできるようになり、これらの商品に対する需要が高まっています。

COVID-19の影響

COVID-19の発生、その後の封鎖は、高級ワイン・スピリッツ市場に大きな打撃を与え、多くの製造施設の一時閉鎖と高級飲料に対する顧客の需要の減少をもたらしました。SARS-CoV-2の発生が高級ワイン・蒸留酒市場に壊滅的な影響を与えたため、プレーヤーはサプライチェーンの強化や事業運営のスピードアップを図ることで、商品ラインナップの拡充や集客の強化に努めました。また、各国の封鎖が解除され、新型コロナウイルスが制御下に置かれたことで、高級ワインやスピリッツに対する消費者の嗜好が高まり、市場拡大の原動力となっています。

牽引要因:アルコール飲料の社会的認知度の向上

過去数十年の間に、ワインは生産量だけでなく消費量も急速に増加し、人々の消費傾向も変化してきました。現在では、近代化、社会との接点、西洋文化の受け入れの拡大などが、消費者のアルコール摂取を促す要素の一つとなっています。また、アルコール摂取が社会的地位の指標とされるようになり、低アルコール飲料の市場は拡大しています。爽やかな魅力と低アルコール飲料の提供により、ミレニアル世代や若者の間で人気が高まっています。このような需要の高まりを受けて、革新的なアイテムの開発・導入が進み、市場の継続的な拡大が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]