LiDARの市場規模、2028年に35億米ドル到達予測

LiDARの市場規模は、2022年からCAGR18.4%で成長し、2028年には35億米ドルに達すると予測されています。

光検出と測距(LiDAR)として知られる最先端のリモートセンシング技術を使用すると、アイテムの正確な3D仮想画像を作成することができます。これは、MEMSスキャナーとGPSトランシーバーを備えた高輝度のレーザーツールで、3Dおよび2D画像を作成するために使用されます。地震学、ジオマティクス、航空レーザースワスマッピング、考古学、大気物理学、地形学などの分野で、さまざまな方法でLiDARが採用されています。

LiDARはその特性上、壁や橋、トンネルなどの障害物があっても正確な情報を取得することができます。地理空間分野では、遠隔地でのデータ収集などに、天候に左右されずに使用することが出来ます。LiDAR技術により、3D画像や高精度なデータを素早く作成できるため、簡単に検査、発見、地図作成ができるようになりました。

LiDAR市場の発展を後押ししている主な要因は、画像の解像度やデータ処理能力に関して、他の技術よりもLiDARシステムの自動処理能力が高いことです。LiDARはRADARと同様に測距および検出に利用されますが、精度と応答速度の点でRADARよりも能力が高く、表面情報と対象物の位置をより正確に把握することができます。

さらに、物体の表面から3D地形データを正確に取得することができます。一方、RADARはアンテナを使った送受信に頼っているため、環境によっては遅延が発生します。このため、ユーザー志向が高まり、LiDAR市場の拡大が加速しています。

COVID-19影響

LiDARエコシステムに関連する産業は、COVID-19の発生によって悪影響を受けました。パンデミックは、LiDARシステムのエンドユーザーだけでなく、石油・ガス探査ソリューション産業にも深刻な影響を与えました。LiDARは、鉱業や石油・ガス用途の探査産業で使用されています。COVID-19の流行により、LiDARシステムの初期費用が高く、生産会社の財政が不安定だったため、多くの消費者はLiDAR製品を選びませんでした。ADASや自律走行車へのLiDARシステム・技術の導入が期待されていた市場のインパクトは弱まりました。

成長要因:3D・4D LiDARの採用が進む

LiDARの採用は、様々な監視・セキュリティ用途で高度な3Dイメージング技術へのニーズが高まるにつれて増加しています。LiDARの主な利点は、鉱山や農業地域の流出水、斜面の異なる気候の変化、内陸の水流などの現象を検出するのに優れた精度を持つことです。LiDARは、レーザーポイントの飛行時間(ToF)を測定することで、物理世界の3Dリアルタイムモデルを計算します。LiDARセンサーは、パルスを発信してから反射するまでの時間間隔に基づいて、各物体への近接性を正確に判断することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]