システムインテグレーターの市場規模、2028年に370億米ドル到達予測

システムインテグレーターの市場規模は、2022年から2028年の間CAGR5.4%で成長し、2028年には370億米ドルに達すると予測されています。

コンピューティング業務の実装、計画、調整、テスト、スケジュール、改善、保守を行う企業や個人は、システムインテグレーターと呼ばれます。システムインテグレーターは、コンポーネントのサブシステムを全体として接続し、それらがうまく機能するようにする専門家です。信頼性と品質における従来のトレードオフを解消するため、産業界では現在フレキシブル生産システム(FMS)の開発が進められています。

FMSは、複数の製造、コンピューター制御モジュール、マテリアルハンドリングで構成され、労働力や工程のばらつきを抑え、製品品質を向上させるものです。極めて適応性の高い制御ソフトウェアが必要とされるため、PLCシステムやデータベースといったシステムと機械の連携が容易になる一方、システムインテグレーターにはさらに大きなプレッシャーがかかるようになります。

市場を牽引するのは、低コストでエネルギー効率の高い生産方式への需要です。究極のエネルギー需要と温室効果ガス排出量という点では、産業部門は最大の最終使用用途の一つです。システムインテグレーターは、インバーターの設置など、従来のさまざまな効率改善プロジェクトや、モーターの交換など単独でのエネルギー関連プロジェクトにすでに携わってきました。

システムインテグレーターは、業務の最適化を通じて、企業の環境負荷低減を支援することができます。生産現場のデータをつなぎ、エネルギー使用量やPOS(販売時点情報管理)のデータを組み合わせることで、効率的な運用の可能性を探ることができます。また、システムインテグレータープログラムに参加することで、開発ツールの無償提供や必要な指導・支援を受けることができます。

成長要因:IoTやAIの活用

インダストリー4.0の登場以降、産業分野でのAIやIoT機能の利用が増加しています。AIとIoTに対応したシステムにより、生産プロセスの最適化、早期警告、品質保証のサポート、機械の故障の予知などが可能になります。精度の高いデータを収集することで、企業は最先端のAIアプリケーションを開発し、競合との差別化を図ることができる。2020年のCOVID-19パンデミックの発生は、製造業に課題を突きつけています。

産業用ロボットの高い普及率

過去数十年の間に、ロボットは能力に制約のある手の届かないガジェットから、幅広い作業をこなせる手頃な価格の機械に変わりました。世界中の人々が産業用を中心にロボットを頻繁に利用しています。産業用ロボットは生産現場での利用が増えており、ロボット産業の最新トレンドである、進歩、革新、産業の発展を加速させています。システムインテグレーター市場は、産業用ロボットの高い導入率に後押しされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]