ライフサイエンス分析におけるAIの市場規模、2028年に25億米ドル到達予測

ライフサイエンス分析におけるAIの市場規模は、2022年から2028年の間にCAGR10.9%で成長し、2028年には25億米ドルに達すると予測されています。

人工知能(AI)という用語は、データ駆動型の重厚な技術を指します。ライフサイエンス分野の研究開発部門で頻繁に使用され、断片的なソースから洞察に満ちたデータを提供しています。ライフサイエンス分野でのAI技術やツールの利用はまだ初期段階ですが、競争力を確立するための戦略的な技術力を身につけることができるため、企業にとって有利な状況になっています。

AIは、データを迅速、正確、かつ確実に提供できるため、分析分野で受け入れられつつあります。このため、企業はAIアルゴリズムを分析ソリューションに組み込むための投資に積極的になっています。人工知能などの新技術の開発が加速し、さまざまな業界で広く利用されるようになったことで、ライフサイエンス分野でのAIの需要が高まっています。

また、創薬や臨床試験におけるコスト削減や業務効率化のニーズが高まっていることから、ライフサイエンス分野でのAIの適用も拡大しています。データに基づくAIの急速な発展、ディープラーニングの技術的進歩、ロボット工学における自律性実現の要求が、アナリティクスにおけるAIの導入を後押ししています。

この導入は主に、研究開発にかかる高いコスト、臨床試験の低い成功率、希少疾患への注目度の高まりといった変数の結果、創薬プロセスが非効率になっていることが原因となっています。候補者の採用プロセス、データストレージ、データ分析を改善する機械学習技術の能力は、市場拡大の原動力になると予想されます。

COVID-19 インパクト分析

多数の臨床試験の結果を拡大した規模で追跡するために、AIが広範囲において役立つことで、類似の技術により多くの需要を生み出すことに貢献しています。さらに、パンデミック時の電子データキャプチャ(EDC)システムなどの技術開発により、文書管理のモニタリングやリモート電子署名が可能になり、試験プロセスがさらに加速されました。その結果、多くの製薬会社が効率的な薬の候補を開発する上で役立ちました。COVID-19のパンデミックは、ライフサイエンス分析におけるAI市場にプラスの影響を与えています。

成長要因

個別化医療と精密医療の重視の高まり

AI技術は、個別化医療と精密医療の開発に大きな影響を及ぼしています。これまでの予測モデリングやメカニズム的な方法とは異なり、AIソリューションは最適な薬剤の組み合わせを論理的に開発しています。この組み合わせは、評価対象の疾患に特化したデータセットの分析により、成功した実験的証明から開発されます。したがって、個別化医療と精密医療の開発におけるAIとMLの範囲を拡張することにより、ライフサイエンス分析におけるAI市場は成長すると考えられます。

創薬におけるAIの応用

多くの製薬会社やバイオ製薬会社は、人工知能システムに対する投資を増やしており、疾患ターゲットの特定、投薬設計、毒性、効力予測、化学スクリーニングの改善に広く役立てています。また、AIによる深層学習は、データセットのサイズに関係なく、未処理のデータから本質的な特徴を抽出することができ、医薬品開発に適しています。このことは、AIの採用につながり、ライフサイエンス分析市場におけるAIの成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]