気象予報アプリの市場規模:2028年まで9.2%のCAGRで成長見込み

世界の気象予報アプリ市場規模は、2028年までに14億米ドルに達し、予測期間中にCAGR9.2%の市場成長率で上昇すると予測されています。

気象予報アプリのユーザーは、現在の天候に関する通知を迅速に受け取ることができます。気象予報アプリのダウンロードは、最新の予報情報を入手するための最も迅速かつ簡単な方法です。

COVID-19の影響分析

COVID-19の大流行とそれに伴う閉鎖的な状況を受けて、多くの国の政府は住民の移動の自由を制限し、住民は家の中にとどまることを選択しました。この事件をきっかけに、企業は在宅勤務の選択肢を増やしました。また、この時期、人々は気象予報のアプリケーションを活用し、世界各地の天気を知るようになりました。その結果、パンデミック期には、気象予報アプリの市場は堅調に増加しました。これは、場所に応じた確実な気象情報に対するニーズが高まったことが要因であると考えられます。

市場の成長要因:防災のための気象観測の増加

モニタリングサービスは、変動する気象状況について常に情報を提供するため、災害対策に不可欠です。山火事、雪崩、洪水、ハリケーン、津波などの自然災害によって失われる人命と財産を大幅に削減するためには、天候を予測し、早期警報を発することが重要な2つの方法となります。継続的な気象モニタリングにより、市民、政府、軍当局、環境災害軽減、産業計画など、それぞれの計画能力を向上させることができます。

各種気象予報サービスにおけるビッグデータ解析の活用

気象予報士が、現在および過去の気象データの調査に基づいて将来の気象状況を予測するために、ビッグデータ解析や予測分析を行っている結果、この市場に成長の機会がもたらされています。気象に関するデータを分析し、タイムリーな情報を提供することで、正確な気象予報に貢献することが、ビッグデータアナリティクスの重要な役割です。自治体では、大量のデータを活用することで、気象に起因する問題の予測能力を向上させることができます。

市場の抑制要因:COVID-19がもたらす運用への障害

世界気象機関は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが気象記録、予報、大気・気候モニタリングの量と規模に及ぼす影響の拡大を懸念しています。世界気象機関の報告によると、平常時に比べ、航空機による気象観測は高い確率で減少しており、地域差も大きいです。南半球では90%以上減少しています。また、アフリカや中南米の一部では、多くの観測所が機械式ではなく手動式であるため、地上での気象観測は減少傾向にあります。航空機のプラットフォームからの気象観測のモニタリングは、商業フライト数の減少に伴い、75~80%減少しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]