スムージーの市場規模、2028年には109億米ドルに達する見込み

スムージーの市場規模は、2028年には109億米ドルに達し、予測期間中に8.4%のCAGRで上昇すると予測されています。

従来、スムージーは、液体(一般的にベースと呼ばれる)、さまざまな果物や野菜、そして氷の3つの要素で構成されています。冷凍野菜や果物を使用すれば、氷を使用せずに冷たいスムージーを作ることも可能です。一般に、スムージーの濃さは液体と固体の比率で決まるため、スムージーのレシピを濃くするには、追加する液体の量を減らしたり、加える野菜や果物の量を増やしたりすることができます。

また、スムージーに粉末を加えて栄養と風味を足し、スムージーの粘度を上げる人もいます。そのような製品には、風味をつけたプロテインパウダーやビタミンサプリメントがあります。スムージーのレシピでは、新鮮なミントの葉と、レモンの輪切りやスライスなど、部分的に刻んだり丸ごとの果物が、飾りとしてますます使用されるようになったりしています。このようなドレスアップは、スムージーを広告でより魅力的に見せ、全体としてより美的に見せるためのマーケティングから生まれました。

スムージー市場の成長要因
健康とおいしさの融合

健康的な食生活には、野菜や果物を多く含むスムージーが欠かせません。消費者の健康に対する意識の高まり、ライフスタイルや食生活の変化などが、スムージー市場拡大の要因となっています。現在、世界の多くの人々が食事を抜き、さまざまな種類のスナック菓子に置き換えるという習慣を身につけています。スムージーを砂糖なしで作ると、摂取する炭水化物の量が大幅に減ります。

消費者のライフスタイルに適応

消費者が特定の身体やフィットネス組成の目標を念頭に置いている場合は特に、どの種類のスムージーを選択するのが良いアイデアです。スムージーは、おやつや食事の代わりとして飲むことができますが、それはから選択する品種を知ることが重要です。スムージーは本来、低カロリーのおやつであるという誤解が広まっています。しかし、大きさや入っている材料によっては、1,000キロカロリーを超えるスムージーもあります。200~300キロカロリーで10グラムのタンパク質を含むスムージーは、おやつとして最適です。

スムージー市場の阻害要因
多額の初期投資費用

スムージー事業では、果物やその他の材料をミキサーにかけるため、従業員が準備する必要があります。しかし、ミキサーでは果実をそのまま加工できないことが多いです。一般的には、ナイフなどの器具を使って果物を切ることになるため、けがをしないよう専門知識が必要です。しかし、経験豊富な従業員であっても、労働のペースによってけがをする可能性はあります。また、従業員がけがをした場合、代替要員を確保し、場合によっては労災を支払わなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]