サバの市場規模、2028年に13億米ドルに達する見込み

サバの世界市場規模は、2028年には13億米ドルに達し、予測期間中にCAGR4.5%の市場成長率で上昇すると予測されています。

サバの仲間は、高いフォーク状の尾を持ち、背中には虎の縞模様のような虹色の緑青を持つことが多いです。分布域が限定され、地理的に異なる個体群や魚類資源に生息しているものも多いです。

集団は海岸線に沿って産卵に適した場所に巨大な集団で移動し、比較的浅い水深で繁殖するものもいます。産卵後、小さな群れで適切な餌場(多くは湧水地の近く)に戻ってきます。そこから沖合の深い海域に移動し、比較的休眠状態で寒い時期を過ごすこともあります。他の個体群は海洋上を移動します。

COVID-19の影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、世界中の政府が封鎖されました。それによりアジアや欧州の国々で厳しい貿易制限と長期の封鎖が行われたため、サバ缶ビジネスが苦境に立たされました。閉鎖期間中、サバ缶の生産と包装に影響が出ました。その結果、大規模な需給ギャップが発生しました。市場もサプライチェーンの混乱や販売減少の影響を受けました。

市場の成長要因:中流家庭でのサバ人気の高まり

世界的に、水産分野でのサバの人気が大きく上昇しています。水産物を食生活に取り入れることによる健康効果についての知識が広まり、サバへのニーズが高まっています。数ある水産物の中でも、サバは人体が正常に機能するために必要な栄養素のほとんどを摂取することができる経済性の高い魚です。栄養価の高い食事とタンパク質が豊富なサバを食事に取り入れたいという人々の認識が高まっていることが、魚の人気上昇に大きく影響しています。

世界的に増加するペスカタリアンの数

ペスカタリアンは、ペスコベジタリアンとも呼ばれ、淡水魚、海水魚、貝類に加え、通常の果物、豆類、卵、野菜、穀物、乳製品を摂取しています。ペスコベジタリアンは、ベジタリアンのライフスタイルが持つ健康上の利点と、オメガ3脂肪酸を多く含む魚の確立された利点が組み合わされているため、長期的な健康と栄養の関係において有効な味方になる可能性があります。

市場抑制要因 サバなどの水産物は、発展途上国、先進国を問わず人気がありますが、地域によってはサバの供給が限られているため、消費に支障をきたしているところもあります。オメガ3系油脂は、消費者が食生活に取り入れることの良さを実感し、需要が高まっています。市場が関心を寄せていても、いつ入れ替わるかわからない貿易禁止令のためにビジネスが難しい地域が数多くあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]