エネルギー物流の市場規模、2028年までに8,774億米ドルに達する見込み

エネルギー物流の市場規模は、2028年までに8,774億米ドルに達し、予測期間中にCAGR14.6%の市場成長率で上昇すると予測されています。

現在、業界ではモノのインターネット(IoT)の導入が進んでおり、貨物事業者は社内ネットワークへの直接的なインターネットアクセスを得ることができます。物流改善のための技術的に洗練されたシステムの使用と、世界中のいくつかのエネルギー物流組織による支出の増加は、予測期間中の市場拡大を促進すると予想される追加的な要因です。

市場の成長要因:貿易に関連する協定の増加

グローバリゼーションは、主に経済の拡大と市場のダイナミズムによって推進されています。数多くの貿易関連活動の急増は、グローバリゼーションの加速に起因しています。その結果、小売業者やメーカーがこれらの行動を効果的に監視することが難しくなってきています。エネルギー物流サービスは、価格に敏感で、より多くの種類の高品質な製品を時間通りに届けることを必要とする消費者にとって不可欠なものです。大手企業にとっては、このような要因がエネルギー物流市場をけん引すると予想されます。

ラストワンマイル配送の増加、物流の自動化

ラストワンマイル物流とは、施設や配送センターから最終顧客までの配送の最終段階を指す言葉です。医薬品、化学、風力、飲食品の各業界では、ラストワンマイルの輸送ソリューションがより重視されるようになってきています。また、近い将来、物流業界の拡大に拍車をかける可能性があるのが、エネルギー物流事業者による効率的なラストワンマイル配送の実現です。エネルギー物流は、ラストワンマイルデリバリーや物流自動化の進展により、大きな恩恵を受けると予想されます。

市場の抑制要因:非効率なインフラと高価なロジスティクス

エネルギー物流には、優れたサプライチェーン、インフラ、貿易円滑化が必要です。これらがない場合、企業はより多くの運転資金や在庫を蓄える必要があり、金融費用の高騰により地域や国の競争力に大きな影響を与える可能性があります。エネルギー物流事業は、インフラの不足によってさらに阻害され、コストを押し上げ、サプライチェーンの信頼性を低下させます。例えば、輸送の非効率性、粗悪な貯蔵施設、複雑な税制、低い技術導入率、不十分なエネルギー物流の専門家などが挙げられます。輸送インフラの不備による不測の事態をカバーするために膨大な在庫を抱える必要があるため、物流コスト全体が上昇する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]