ペットトレーニングサービス市場、2022年~2028年までCAGR6.2%で成長予測

ペットトレーニングサービスの市場規模は、予測期間中にCAGR6.2%の市場成長率で上昇し、2028年には49億米ドルに達すると予測されています。

特定の環境や刺激に反応して特定の行動をとる方法を教えるためにペットに提供される専門的なサービスは、ペットトレーニングサービスと呼ばれています。ペットトレーニングは、動物の安全性や友好性を高め、ペットの好ましくない行動を最小限に抑え、ペットの親とペットやコンパニオンアニマルとのつながりを強化するものです。

体の不自由な人や高齢者の移動支援、薬物の探知、爆弾の追跡、警備業務などの業務ができることも、ペットを訓練することのメリットです。これらの利点が、世界中のペットオーナーの間で、ペットトレーニングサービスの需要を促進している主な要因です。国内外の、しつけサービスベンダーの浸透が進み、ペットオーナーからの人気が高まっていることから、ペットトレーニングサービス市場の拡大が見込まれています。

ペットトレーニングとは、ペットが特定の活動や作業を手伝い、現代の家庭生活に効果的に参加できるように、環境中の出来事を先行条件(行動のきっかけ)と結果にして、ペットの行動を変化させる行動分析の実施であり、ペットトレーニングは、ペットの行動に影響を与えるものです。ペットは、周囲の環境との相互作用から知識を得ていきます。

これは、先行条件とその結果に相関関係を持たせるオペラント条件付け、2つの刺激に関連を持たせる古典的条件付け、慣れや感化によって行動を変化させる非関連学習、そして第三者学習によって達成されます。動物のしつけには多くの有名な手法があり、それぞれに支持者と否定者がいます。

ペットを飼うことは、飼い主の健康に多くのプラスの影響を与えます。ペットを飼うことで、社交や外出、運動などの可能性が広がります。定期的なペットの遊びや散歩は、トリグリセリド、コレステロール、血圧のレベルを下げるのに役立ちます。ペットは人間との交わりを提供することで、孤独感や不安感の解消に役立ちます。特にストレスの多い時期には、動物が飼い主の精神的な支えになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]