ベビー用安全ガジェット市場、2022年~2028年までCAGR7.7%で成長予測

ベビー用安全ガジェットの市場規模は、2028年までに48億米ドルに達し、予測期間中にCAGR7.7%で上昇すると予想されています。

乳幼児を溺死や危害から守るために使用されるデバイスは、ベビー用安全ガジェットとして知られています。技術の進歩によって可能になったベビーモニターのようなガジェットによって、赤ちゃんと親はリアルタイムでコミュニケーションをとることができるようになりました。企業は、徐々に彼らの可視性を高め、競争を維持するために、オンライン小売ネットワークを使用しています。

子供の死亡事故の発生率の増加により、政府は新しい規制と安全要件を導入しています。最先端の新アイテムの発売が市場拡大を加速させ、消費者のベビー用安全器具の購入を促しています。赤ちゃんの体重や月齢に合わせた幅広い商品ラインアップと、ネット通販の普及により、市場は拡大傾向にあります。

ネット通販は、商品説明が充実しているという利点があり、従来の実店舗に代わる販売チャネルとして注目されています。Hello Babyビデオモニター、SimCamスマートAIベビーモニター&トドラーカム、R542スマートチャイルドシートは、赤ちゃんの安全技術の一例です。ベビーセーフティデバイスの市場機会を活かすため、メーカーが様々な製品を携えて市場に参入しています。

この市場には斬新な安全装置やカスタマイズされた乳幼児用安全装置の見通しがあり、ベビー用安全装置の需要を高めると予測されます。ベビー用安全器具は、子供や幼児の健康的な生活のために急速に必要なものとなってきています。室内の安全、屋外の安全、あるいはあらゆる事故の発生を阻止するためのものです。

ビデオモニターのようないくつかの技術オプションは、親が直接子供を見ることを不要にし、また親が離れているときに追加の安心感を与えるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]