クラウドコンピューティング市場、2022年~2028年までCAGR15.0%で成長予測

クラウドコンピューティングの世界市場規模は、2028年までに 1兆1,432億米ドルに達し、予測期間中にCAGR15.0%の市場成長率で上昇すると予測されています。

市場の成長要因

インフラとストレージのコスト削減と投資対効果の向上

オンプレミス型データホスティングの初期設定と継続的なメンテナンスコストは、企業にとって懸念事項となっています。さらに、ダウンタイムの問題、人件費、電気代なども、企業にとって悩みの種となっています。ビジネスモデルを再構築するために費用対効果の高い戦略を採用することは、既存の競争環境や世界の経済状況によって激化しています。

クラウドコンピューティングサービスの普及を支え、最終的にビジネスコストを削減するその他の変数としては、デジタル・トランスフォーメーションに向けたビジネスの専門家のシフトや、スピードアップした消費者体験が挙げられます。

ハイブリッドクラウドサービスを利用する人が増加

現在のインフラを持つ企業は、クラウドコンピューティングサービスを受け入れ、オンプレミスとクラウドサービスの両方から利益を得られるよう、ハイブリッド戦略を採用する準備を進めています。インフラ構築の初期費用が不要で、オンデマンドでコンピューティングサービスを利用できるなどの利点があるため、中小企業はクラウドコンピューティングサービスを広く採用しています。

これらの要素が、組織におけるクラウドサービスに対する需要の急増を支えています。ワークロード管理の改善、セキュリティとコンプライアンスの強化、DevOpsチーム内での効果的な統合などは、すべてハイブリッドクラウドの利点です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]