ヨガマット市場、2022年~2028年までCAGR5.8%で成長予測

ヨガマット市場は、2022年から2028年までCAGR5.8%で成長すると予測されています。市場は2028年に134億米ドル規模に到達する見込みです。

エクササイズとしての現代のヨガでは、アーサナの練習中に手や足が滑らないように、「ヨガマット」と呼ばれる特別に作られたマットが使用されています。スティッキーマットは、1982年にヨガインストラクターのAngela Farmer氏によって発明された、ゴムカーペットの下敷きからなる初期のバージョンです。

ハタヨガや瞑想ヨガは、伝統的に裸の地面で練習され、時には鹿や虎の革で作られた敷物を敷いて練習されました。現代のヨガマットは、プラスチックやゴム、時にはヘシアンやコルクのような他の素材で構成され、価格、グリップ、快適さ、重さのバランスを取っています。

ほとんどのヨガマットは、幅24インチ(60センチメートル)、長さ72インチ(182センチメートル)です。厚さは2ミリから7ミリで、4〜5ミリが最も一般的です。最近では、ヨガマットの種類も非常に多くなっています。色合いやデザイン、柄もさまざまです。環境に配慮したものや、持ち運びができ、どこでも使えるようなものもあります。

ヨガマットは、厚さ、素材、表面の質感、「粘気」や「グリップ力」、重さ、価格などバリエーションがあります。一般的には、長さ6フィート(180cm)、幅2フィート(61cm)です。ヨガマットは、軽量の「旅行」スタイルでは116インチ(2mm)と薄く、通常のマットでは18インチ(3mm)、または14インチ(6mm)と厚く、高パフォーマンスの実行マットやヨガ療法用のソフトマットレスのいずれかです。

マットの色やスタイルも豊富です。アライメントマットは、正しいアライメントのためのガイドラインが印刷されたもので、練習生が正確に足の間隔をあけて整列できるようにするためのものです。また、グラフィックがプリントされたものもあります。コンパクトに折り畳めるトラベルマットもあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]