皮膚化粧品の市場、2022年~2028年までCAGR9.8%で成長予測

皮膚化粧品の市場は、2022年から2028年までCAGR9.8%で成長すると予測されています。市場は2028年に908億米ドル規模に到達する見込みです。

皮膚化粧品は、身体専用に設計された化粧品で、特定の皮膚問題の影響を軽減するために設計された化粧品です。皮膚への刺激やアレルギーを防ぐような方法で製造されていますが、低刺激性化粧品の範疇を超えています。製造者は、製品を作る際に医療専門家、化学専門家、化粧品専門家に相談することがあります。これらの使用結果、活性物質やその他の成分の濃度、製造や適用の方法など、より精密な分析が必要です。

皮膚化粧品は、従来の化粧品よりも生理活性成分の濃度が高いため、より迅速かつ効率的に機能を発揮することができます。亜鉛や鉄などのオリゴ元素を豊富に含む温水はこれらに含まれています。しかし、薬ではないので、本格的な皮膚化粧品は薬局で買うものという考え方は、徐々になくなりつつあります。

人間は、肌を美しくするために化粧品を使うことが多くなりました。皮膚化粧品は、オーガニック素材や高品質な素材を使ったアイテムで、拡大する化粧品業界を席巻しています。高級化粧品の主なカテゴリーは、スキンケア、メーキャップ、美容液、ヘアケア、フレグランスです。この地域では、消費者の消費意欲が旺盛なため、特に皮膚化粧品のビジネスが盛んです。しかし、可処分所得の増加やスキンケア、ヘアケアの地域的な流行により、皮膚化粧品の人気はアジア諸国にも広がっています。

このように、皮膚化粧品業界はターゲットとする市場をよく見極めています。30歳以上というような表示ではなく、特定の肌悩みを持つ人向けに作られた化粧品が多いです。乾癬、にきび、皮膚掻痒症、アトピー性皮膚炎(AD)などの皮膚疾患の兆候を軽減します。フケ防止、コラーゲン生成促進、炎症抑制などの効果があります。また、従来の化粧品では肌に合わないという人も、皮膚化粧品のターゲットです。特に、妊婦や育児中の消費者に好まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]