サステイナブルパーソナルケア市場、2022年~2028年までCAGR9.4%で成長予測

サステイナブルパーソナルケアの市場は、2022年から2028年までCAGR9.4%で成長すると予測されています。

パーソナルケアと化粧品は、世界中で日常的に大量に利用されています。その結果、個人用衛生用品や化粧品、化学物質が、気づかないうちに環境中に放出され続けています。これらの生物活性は環境中に極めて残留しやすく、また生物濃縮の可能性もあるため、生物の生活に総合的な影響を及ぼしているのです。

パーソナルケアおよび化粧品とは、皮膚、爪、唇、毛髪、外生殖器などの身体の外側や、歯、口腔粘膜などの口腔衛生に、洗浄、防菌、悪臭防止、外観変化、健康維持のために適用される製品全般を指します。パーソナルケアや化粧品は、薬用医薬品とは異なり、外用としてのみ投与することが可能です。そのため、入浴や洗濯などの人間活動の結果、環境に大量に浸透しやすく生態系にさらなる問題を引き起こします。

日常的に使用するパーソナルケアや化粧品には、石鹸、ヘアカラー、ネイルペイント、香料、乳化剤、紫外線吸収剤、防腐剤、アクリル酸塩、酸化防止剤などが含まれます。これらの中には健康を害するものもあり、長期間さらされると、がん、内分泌かく乱作用、アレルギー、突然変異、生殖毒性などを引き起こす可能性があります。そのため、世界中の人々の嗜好は、オーガニックでサステイナブルなパーソナルケア製品に急速にシフトしています。持続可能性は、パーソナルケア業界において目新しさから必要条件へと発展してきました。原材料の調達、製品構成、製造工程、流通、包装、マーケティング、そして製品の使用期限に至るまで、すべてがより持続可能なものになりつつあるのです。この背景には、エシカル(倫理的)な製品を求める顧客の急増があります。

近年、サステイナブルパーソナルケアのコンセプトは、業界で最も注目されているものの一つです。環境に配慮した企業を中心としたささやかなムーブメントとして始まり、現代では急速に拡大し、ダイナミックなパーソナルケア市場へと成長しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]