滅菌チューブ溶接機の市場、2022年~2028年までCAGR5.5%で成長予測

滅菌チューブ溶接機の市場規模は、予測期間中にCAGR5.5%の市場成長率で上昇し、2028年には29億ドルに達すると予測されています。

滅菌チューブ溶接機は、同じ長さの2本の熱可塑性チューブを接合し、その間に滅菌のリンクを形成するために使用されます。チューブクランプアセンブリにしっかりと挿入された2つの同等チューブモジュールを溶接することで、機能的な閉鎖系が形成されます。この装置は、バイオテクノロジー、製薬、血液銀行、診断ラボなどで、医療行為に必要なDNA細胞や血漿を合成するために広く使用されています。生体サンプルは、追加検査のために研究所に送られる前に、完全に密封されたチューブに移されます。

相補的な熱可塑性チューブの2つの長さの間に滅菌接続を作成するために、滅菌チューブ溶接機が作られました。同じモジュールからのチューブの2つの端は、溶接プロセス構成の一部として、チューブクランプ機構にしっかりと挿入されます。滅菌チューブ溶接機は、ドライチューブ、ウェットチューブを問わず、機能的に閉鎖されたシステムを維持しながら、迅速かつ安全に接続することができます。

ウェーハは1回使用するごとに捨てられるため、クロスコンタミネーションは起こりません。理想的な滅菌溶接機により、機能的な閉鎖系が維持されます。溶接機は、血液銀行や血液センターでの血液バッグ型チューブに適用できます。バイオテクノロジーの大きなボアチューブを含むアプリケーションでは、溶接機が必要です。サンプルは滅菌チューブに入れられるか加えられ、分析のために実験室に運ばれる前に堅く閉められていなければなりません。病院、診療所、血液銀行の検査室では、訓練を受けた人だけが滅菌チューブ溶接機を使用することができ、これが市場拡大の主な障害となっています。

最も安全で適応性の高い方法として、熱殺菌技術を応用した熱管溶着があります。熱可塑性チューブを使用することで、滅菌済みのアセンブリを接続できるため、高価な滅菌接続やクランプオフ作業を省くことができます。滅菌チューブ溶接機を製薬プロセスで使用する場合、最適な機器を選択するのに役立つ重要な考慮事項があります。チューブの品質は熱衝撃で溶着でき、熱ホース接続を行うための高い接合性を持つ熱ポリマーを使用する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]