スマートホーム用プラットフォーム市場、2022年~2028年までCAGR16.6%で成長予測

スマートホーム用プラットフォームの市場は、2022年から2028年までCAGR16.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に558億米ドル規模に到達する見込みです。

スマートホーム用プラットフォームは、スマートホーム向けのモノのインターネット(IoT)プラットフォームとしても知られており、接続されたデバイスまたはスマートデバイスにリンクし、それらと通信するだけでなく、コマンド、指示、またはイベントに応答する可能性があるソフトウェアアプリケーションです。

スマートホーム用プラットフォームの主な目的は、相互運用性を確保し、規制することによって、すべてのスマートデバイスを1つにまとめることです。また、データを保存・分析するだけでなく、スマートデバイスを操作し、取得した情報の安全性を確保することもできます。スマートホーム用プラットフォームを使用することで、スマートホーム内のスマートデバイスに関わる活動を簡素化し、ユーザーの満足度を高めることができます。

共通のネットワークにリンクし、独立して遠隔操作できるデバイス、家電、システムの集合体は、スマートホーム技術と呼ばれます。コネクテッドホームとは、家の技術が1つのシステムにまとめられたものです。サーモスタット、オーディオスピーカー、照明、テレビ、セキュリティカメラ、鍵、家電製品などが、電話やモバイルのタッチスクリーンデバイスで操作できる統一システムに統合されています。

物理的なハードウェア・ユニットは、最も一般的で強力なハブです。ハードウェア・ハブは、さまざまなガジェットを接続し、1つのスマートホームを形成する中央の通信機として機能します。各ハードウェア・ハブには独自のソフトウェアが付属しており、ユーザーは1つのインターフェースから多くのコンポーネントを操作することができます。また、ハードウェア・ハブは、デバイスをインターネットに接続したままにしておくので、ユーザーは個人の留守中にデバイスを監視し、調整することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]