新生児スクリーニング市場、2022年~2028年までCAGR6.4%で成長予測

新生児スクリーニングの市場は、2022年から2028年までCAGR6.4%で成長すると予測されています。市場は2028年に16億米ドル規模に到達する見込みです。

新生児スクリーニングは、子供の健康や長期的な生存に影響を与える可能性のある状態を明らかにします。このスクリーニング方法は、子どもの全障害や死亡を回避するための早期特定、診断、健康管理に必要な一連の検査で構成されています。検査は、新生児の遺伝的、発達的、代謝的な問題を明らかにするもので、出産後すぐに実施されます。病院や出産施設からの退院時に、新生児のかかとから数滴の血液を採取し、特定の遺伝子、内分泌、代謝疾患、難聴、致命的な先天性心臓異常について検査します。

新生児スクリーニングは、新生児の正常な成長を妨げる可能性があるが治療可能な遺伝子、ホルモン、代謝の状態など、稀ですが危険な医学的障害を検査・診断する公衆衛生プログラムです。新生児スクリーニングでは、聴覚検査、尿検査、乾燥血液検査など、生後数時間から数日の間に検査が行われます。

これらの検査によって、健康問題や死亡を防ぐことができます。新生児スクリーニング検査は、単純な尿検査と血液検査から50以上の疾患を検出できるより完全で複雑なスクリーニング方法へと発展してきました。新生児スクリーニング検査では、乳児の血液中の特定の指標の存在を評価し、その子が特定の疾患を患っている場合に上昇または低下させることができます。先天性甲状腺機能低下症、フェニルケトン尿症(PKU)、嚢胞性線維症(CF)、その他約22の代謝異常が、脂質代謝やタンパク質を変化させる新生児スクリーニング検査で検出できるようになりました。

新生児スクリーニング検査は、アミノ酸の病気であるフェニルケトン尿症(PKU)が食事療法で治療可能です。大の効果を得るためには早期の治療が必要であるという観察に基づいて設立されたものです。PKUは、必要なアミノ酸であるフェニルアラニンを代謝できない乳児に、不可逆的な知的障害を引き起こします。

近年、新生児の疾患は増加傾向にあり、医療従事者はスクリーニングツールの強化に対する認識と教育を高めています。最も一般的な新生児の疾患は、聴覚、代謝、ホルモンの問題や重篤な先天性心疾患ですが、いずれも早期に診断されれば治癒が可能なものばかりです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]