化粧品包装の市場、2022年~2028年までCAGR4.6%で成長予測

化粧品包装の市場は、2022年から2028年までCAGR4.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に477億米ドル規模に到達する見込みです。

化粧品パッケージは、消費者の注目を集めるため化粧品アイテムのマーケティングにおいて重要です。パッケージングを魅力的なものにするためには、グラフィックデザインやパッケージングデザインが不可欠です。これは、一次包装と二次包装の両方を指します。紙や板をベースにしたパッケージは、加工がしやすく、特定のニーズに合わせてカスタマイズできるため、二次包装によく使われます。

予測される将来において、市場はパッケージングスタイルの変化、斬新なパッケージデザイン、若者人口の増加による化粧品需要の増加によって牽引されると予想されます。予測期間中は、男女を問わず身だしなみの変化に伴う化粧品需要の高まりが市場を牽引すると予想されます。

化粧品の販売において、メーカーはメディアを通じた大規模な広告に依存しています。パッケージングの革新は、顧客を惹きつけるために不可欠な要素であり、今後数年間パッケージング業界全体の成長に影響を与える見込みです。

可処分所得の増加やライフスタイルの変化により、中国や日本などの新興国は化粧品業界の成長にとって大きなチャンスとなっています。その結果、化粧品需要の高まりは同産業の市場に直接的な影響を与え、予測期間中の市場拡大を後押ししています。化粧品分野への新規参入が増えるにつれ、競争優位を得るための製品・パッケージのイノベーションも進んでいます。これらは、予測期間を通して化粧品包装業界を前進させると予想される主要な推進要因の一部です。

市場の成長要因

製品に関する情報を提供

消費者はラベルから、その製品の使い方や産地など、必要な情報を得ることができます。企業は、特に不確かなものについては、内容物や機能について言及します。ラベルには通常、製品を市場に送り出す責任者の連絡先が記載されています。ラベルは、製品追跡データのソースとしても機能します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]