バナナ粉市場、2022年~2028年までCAGR6.5%で成長予測

バナナ粉の市場は、2022年から2028年までCAGR6.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に11億米ドル規模に到達する見込みです。

バナナ粉は、青いバナナから調製される粉末です。伝統的に、バナナ粉は小麦粉の安価な代用品として発展途上国や低開発国で長い間使用されてきました。現在では、小麦粉のグルテンフリー代替品としてあるいはパレオダイエットやプライマルダイエットなどの栄養学的研究や特定の食事ブームによって奨励されているレジスタントスターチの一形態として一般的に使用されています。

バナナ粉は、生の状態では適度なバナナの風味があり、加熱すると土の香りがしてバナナっぽくない風味になります。また軽い小麦粉に似た食感を持ち、必要な体積が約25%少ないため、白小麦粉や白全粒粉の代替品として有力です。

栄養学の研究者や栄養士は、バナナ粉(緑色品種)がレジスタントスターチの非常に優れた有用な供給源であることを発見しました。レジスタントスターチとは、小腸で分解されずに大腸に到達し、そこで発酵性食物繊維として機能するでんぷんを指します。個々の製品に使用される乾燥技術によって、バナナ粉のレジスタントスターチレベルは高いもの(60%以上)と低いもの(10%)があります。茹でるとレジスタントスターチが減少するため、バナナ粉は通常、スムージーや栄養バーなど、生のまま使用されます。バナナ粉から作られた動物用飼料は世界の多くの地域で利用されています。特に子牛の代用乳の成分として利用されています。

バナナ粉は、グルテンフリー、ケト、パレオ、その他あらゆる健康食に適した最も一般的な小麦粉の1つです。小麦を原料とする万能粉とは異なり、バナナ粉はバナナを原料としています。グルテンフリーで、パレオフレンドリー、そしてフルーツベースなので、実にユニークです。また、消化を良くするなど多くの健康効果もあります。バナナ粉は、小麦粉とは異なりバナナ由来の栄養素やビタミンを含んでいるため、より健康的です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]