電気コンロ市場、2022年~2028年までCAGR4.6%で成長予測

電気コンロ市場は、2022年から2028年までCAGR4.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に8億1,620万米ドル規模に到達する見込みです。

料理は人間の生存のための最も基本的な要件であるため、必要性、個人的な趣味、職業として従事する活動です。伝統的には、薪の火やガスコンロを使って調理されてきました。人類の進化、経済的、技術的な成長により、現代のコンロ、製品、手順の製造が増加しました。

コンロ調理の最も一般的な種類の1つが電気コンロです。電気コンロの温めは1~2分で完了します。電気コンロの調理部分はクッキングリングまたはゾーンであり、その数は2、4、6個です。電気コンロは、あらゆる可能性の中で最もコストパフォーマンスに優れているため、消費者に人気があります。電気で動くので、すぐに熱くならない分、売れ行きが悪い可能性があります。

しかし、調理時間以外にはほとんど影響を与えないため、節約のために電気コンロを使う人も多いです。世界的なインターネット普及率の高さ、食品展示会や料理ブログの増加などが、電気コンロの市場機会を後押ししています。その結果、電気コンロの使用率が上昇しています。さらに、世界の世帯人口は指数関数的に増加しています。

健康意識の高まり、消費者のライフスタイルの変化、健康意識の高まり、家庭で料理を作る傾向の増加などが、将来的に電気コンロ市場を前進させると予測されます。また、外食産業におけるクラウドキッチンの利用が、電気コンロ事業に魅力的な展望をもたらす見込みです。

IHコンロは、炎が出ません。ガスが空中に放出されることもなく、熱源が露出することもありません。そのため、火傷や怪我をする可能性が低くなります。IHコンロが子供のいる家庭に最適と言われる理由のひとつは、高い安全性にあります。さらに、ハーフェレのIHコンロには、より高度な安全機能が搭載されています。自動鍋検知機能は、調理器具をコンロ面から離すとすぐに火を止めることを保証する一方、小物検知プロセスは、誤ってティースプーンなどの小物をコンロの上に落としても、コンロが作動しないことを保証しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]