カテーテルの市場、2022年~2028年までCAGR8.5%で成長予測

カテーテルの市場は、2022年から2028年までCAGR8.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に383億米ドル規模に到達する見込みです。

カテーテルは、一般的な医療を受けている患者に必要なものです。カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)や中心静脈ライン関連血液感染症(CLABSI)は、カテーテルを頻繁に使用する場合に発生する可能性があります。

慢性疾患の患者は、免疫力が低下していることが多く、定期的に入院する必要があります。血管に到達するためにカテーテルが頻繁に使用されるため、患者は感染の大きなリスクにさらされています。カテーテル関連感染や増加傾向にある血栓症を防ぐために、抗菌性カテーテルが導入されました。メドトロニック社の銀イオン入り抗菌カテーテルやパリンドローム社のHSI-ヘパリンコーティングなどが有名です。

カテーテルは医療用材料で構成された細い管で、医療において様々な役割を担っています。カテーテルは、病気の治療や手術を行うために体内に入れる医療機器です。カテーテルは、素材を変えたり、作り方を変えたりすることで、心臓血管、泌尿器、消化管、神経血管、眼科などの用途に合わせることができます。カテーテル治療とは、カテーテルを留置することです。

心血管障害の有病率の上昇や低侵襲手術への要望が、カテーテル市場の前進を促しています。膀胱に関連する慢性疾患の頻度の大幅な増加、腎不全、その他の理由が、予測期間中のカテーテル市場の成長を促進しています。低侵襲手術に対する患者の要望の高まりが、カテーテル市場の前進を後押ししています。

世界の高齢者人口の増加に伴う失禁問題の増加や、滅菌・使い捨てカテーテルの需要増により、市場の発展が見込まれています。多数の重要なメーカーによる新しいカテーテルの開発が、市場の拡大に寄与しています。

しかし、カテーテル市場の拡大には、高齢者人口の増加や膀胱癌患者の増加が寄与しています。近年の技術進歩により、低侵襲手術への要望が高まっていることから、カテーテルのニーズは高まっていくと思われます。血管形成術はその低侵襲性により、従来の手術よりも人気が高まっており、市場の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]