ソフトドリンクの市場、2022年~2028年までCAGR5.3%で成長予測

ソフトドリンクの市場は、2022年から2028年までCAGR5.3%で成長すると予測されています。市場は2028年に5,899億米ドル規模に到達する見込みです。

ソフトドリンクは、通常は炭酸入りで、天然または人工甘味料、食用酸、人工または天然フレーバー、多くの場合ジュースを含むノンアルコール飲料です。果物、ベリー類、ナッツ類、ハーブ、根菜類、その他植物由来のものが天然フレーバーとして使用されています。清涼飲料水は、コーヒー、紅茶、ミルク、チョコレート、野菜・果物の原液を除きます。フレーバードリンクをハードアルコール、または蒸留酒と区別するために、ソフトドリンクという言葉が作られました。ソフトドリンクは、初期のアメリカ人がハードドリンクを飲む習慣を改善するために、代替品として勧められました。現代人の健康志向から、低カロリー、低塩分、ノンカフェイン、オールナチュラルなどの新しいカテゴリーが誕生しました。

炭酸ガスは、飲料に輝きと酸味を与え、腐敗を防止します。炭酸ガスは、固体(ドライアイス)または液体の状態で、1平方インチあたり約1,200ポンド(1平方センチあたり84キログラム)の圧力がかかった巨大なスチール容器に入れられ、ソフトドリンクメーカーに納品されます。液体二酸化炭素を冷蔵保存する場合は、軽量のスチール製容器を使用します。そのときの内圧は1平方インチあたり325ポンド程度です。この液体を冷却し、加圧した炭酸ガスを封入したプレートの上に小分けして流すと、水または飲料の混合液に炭酸ガスが発生します。

圧力と温度が上がると、水に吸収されるガスの量が増えます。フレーバーシロップは、甘味料(砂糖または人工甘味料)、酸味料、香料、および必要に応じて保存料を混合して凝縮させたものです。砂糖の品質が低い場合は、このような単純な糖液を炭で処理し、濾過することも可能です。残りの原料を正確な順序で組み合わせて、完成したシロップが作られます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]