スマートリモート市場、2022年~2028年までCAGR8.6%で成長予測

スマートリモート市場は、2022年から2028年までCAGR8.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に39億米ドル規模に到達する見込みです。

スマートリモートは、消費者向けデバイスが操作できる無線リモコンです。家庭内のWi-Fiネットワークに接続し、デバイスを操作することができます。スマートリモートは通常、テレビやスピーカーからスマート照明やサーモスタットなどの連携機器まで、家の中の5つ以上のガジェットを操作することが可能です。テレビを操作するための赤外線(IR)センサーや無線、接続されたホームデバイスを操作するためのWi-FiやBluetoothを搭載することで、このプロセスを実現します。

スマートリモートは、消費者が管理する機器に合わせて調整される内蔵スクリーンを備えている場合もあります。コーヒーテーブルの上に置く物理的なデバイスもあれば、携帯電話の内蔵機能を利用したアプリケーションもあります。

消費者がスマートホームの制御を簡素化するために、リモコンのコレクションを複数から1つに減らすという最初の一歩を踏み出したとき、自由な未来に向けて大きな一歩を踏み出していますが、それは始まりに過ぎません。ホームオートメーションシステムは、消費者一人ひとりにとって柔軟でユニークなものであるという利点があります。すべての家庭には、システムに対する明確なニーズと希望があり、消費者が望むように動作し、家庭や家族のすべての制御要求に適応できるシステムを受け取ることができるようにすることが責任です。

ラジオリモコン(RFリモコン)ガジェットは、遠くの物体を操作するために使用される無線信号の範囲を送信します。無線リモコンは、赤外線リモコンを補完するものとして、電動ゲート開閉機やガレージドア、自動バリアシステム、防犯アラーム、産業用オートメーションシステムで活用されています。RFリモコンの規格としては、Bluetooth AVRCP、ZigBee(RF4CE)、Z-Waveがあります。ほとんどのリモコンは独自の符号化を行い、OOKまたはFSK変調を利用して、固定またはローリングコードで8~100パルスを送信します。トランスミッターとレシーバーはコーディングで動作するユニバーサルタイプもあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]