観賞魚の市場、2022年~2028年までCAGR8.0%で成長予測

観賞魚の市場は、2022年から2028年までCAGR8.0%で成長すると予測されています。市場は2028年に86億米ドル規模に到達する見込みです。

観賞魚は、消費またはレジャー用に、美しさや珍しい特徴を生かして飼育、販売される水生生物です。消費用やレジャー用ではなく、美しさや珍しい性質を目的として飼育または販売されている水生動物はすべて観賞魚とみなされます。観賞魚のカテゴリーには、熱帯魚、金魚、鯉、その他の海洋水生魚が含まれます。

水族館の飼育は世界で最も人気のある趣味の一つであり、何百万人ものファンがいます。観賞魚は、EU全体が世界最大の市場ですが、米国は観賞魚の主要な生産国です。観賞魚業界の価値や商業に関する正確な数字は不明ですが、世界各国に輸入される観賞魚や無脊椎動物の金額は2億7800万米ドル以上と推定されます。アクアリウムの魚の多くは淡水産ですが、カラフルな魚などを魅せる子供向け映画の影響で、海の装飾魚の人気は急上昇しています。また、近年は魚の管理や水槽機器の技術も発達し、より手軽に趣味として楽しむことができるようになりました。

また、水槽内にミニ生態系を構築するマリンリーフも人気で、急速に普及が進んでいます。リーフ水槽は、無脊椎動物を中心とした海水水槽で、魚類はあまりいません。ライブロック、ハード・ソフトコーラル、甲殻類や軟体動物などの無脊椎動物、そしてもちろん色とりどりの魚たちが、標準的なリーフタンクを構成しています。その結果、観賞用として使われる多くの海洋生物の市場価値は飛躍的に高まりました。

一般的な「観賞魚取引」で見られる動物の種類の多さには驚かされます。観賞魚取引には毎年約2,000種、数百万個の標本が関わっています。淡水魚と海水魚はほぼ同数の種を占めています。しかし、取引される個体の大部分(90〜96%)は淡水産で、商業的な養殖施設で生み出されるものです。

市場の成長要因

魚の生態観察がストレスや不安を取り除く

魚の世話は、ストレスを軽減するだけでなく、リラックス効果も期待できる可能性があります。水の流れる音は、多くの人がリラックスできると感じる環境感覚の一つです。その他にも、海の波の音、雨の音、川の音などの音楽が心を休めるのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]