脂質の市場、2022年~2028年までCAGR8.3%で成長予測

脂質の市場は、2022年から2028年までCAGR8.3%で成長すると予測されています。市場は2028年に128億米ドル規模に到達する見込みです。

栄養脂質は、身体にエネルギー密度の高いカロリーを供給する脂肪で最も注目されている栄養素です。健康的な食生活の利点が認識されており、脂質を含む食品サプリメントの需要が高まるにつれ、栄養脂質の消費量も増加しています。高齢化社会の栄養ニーズを満たす必要性、慢性疾患の有病率の上昇、乳児用ミルクや栄養補助食品の使用急増、肥満人口の増加、技術の進歩などが市場を牽引しています。

炎症の軽減、心臓の安定性、低密度リポタンパク質の減少などは、栄養リピッドを摂取することで得られる健康上のメリットです。これらの理由は、栄養リピッド市場を前進させています。人間の体内ではオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を生成することができないため、栄養不足を解消するために栄養脂質を摂取する傾向が強くなっています。このような原因により、栄養脂質の市場は成長する見込みです。

今後数年間は、栄養補助食品としての脂質に対する需要の高まり、顧客の健康増進に対する意識の高まり、多忙なライフスタイルによる食形態の変化などにより、市場の拡大が見込まれています。さらに、関節炎、喘息、嚢胞性線維症、癌、糖尿病などの慢性疾患の治療において重要な役割を果たすことから、今後一定期間、市場の牽引役として大きな成長が見込まれます。

脂質は、植物と動物の両方で脂肪酸と関連化合物の生産の副産物として生成される有機分子です。脂質は、食品・飲料、栄養・サプリメント、医薬品、動物栄養、パーソナルケアなどの分野で使用されています。一方、米国、英国、ドイツ、オーストラリアの各政府は、脂質製品の製造・販売に関するガイドラインを発表しています。例えば、米国では、FDA(Food and Drug Administration)が脂質製品の作成に関するガイドラインを策定しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]