家庭用紙製品の市場、2022年~2028年までCAGR3.9%で成長予測

家庭用紙製品の市場は、2022年から2028年までCAGR3.9%で成長すると予測されています。市場は2028年に548億米ドル規模に到達する見込みです。

フェイシャルティッシュ、トイレットティッシュ、ペーパータオル、コップや皿、紙ナプキンなどが家庭用使い捨て紙製品として販売されています。衛生面や清潔さを保つために、家庭用紙製品は必要とされています。感染症やアレルギーに対する懸念が、家庭用紙製品の市場拡大に大きく貢献しています。衛生面や清潔さへの関心の高まりにより、紙製品のニーズが急増したため、この5年間で業界は劇的に成長しました。経済状況にもかかわらず、おむつや生理用品などの家庭用紙製品の需要は安定的に推移しています。

ティッシュペーパーは、原料が入手しやすい、製造コストが安いなどの利点があるほか、一度使ったティッシュを捨て、また新しいティッシュを取り出すため、綿のタオルなどと比べてはるかに衛生的であることが証明されています。同じ綿のタオルを何度も使うのでは、手を清潔に保つことができません。このような理由から、国産ティッシュペーパーの市場が活性化しています。タオルが数カ月間使用できるのに対し、ティッシュは1回しか使用しないため、綿のタオルと比較すると高価です。

市場の成長は、人々の衛生や清潔に対する意識の高まりに起因していると考えられます。感染症やアレルギーに対する消費者の意識は、業界拡大の主要な要因となっています。これは、衛生や清潔さに関する懸念が高まっているためで、近年、業界は大きく成長しています。健康志向の高い顧客の間で意識が高まっていることも、予測期間中のビジネスチャンスを生んでいます。使い捨てのゴミ、食品保存の安全性、衛生面への関心の高まりも、家庭用紙製品の拡大を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]