可食性フィルム・コーティング市場、2022年~2028年までCAGR7.5%で成長予測

可食性フィルム・コーティング市場は、2022年から2028年までCAGR7.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に42億米ドル規模に到達する見込みです。

可食性コーティングは、製品のガス交換、水分移動、酸化プロセスを調整するために使用されるグリーンテクノロジーです。可食フィルムやコーティングを採用する最も大きなメリットは、活性化学物質をポリマーマトリックスに含ませて食品と一緒に摂取することで、栄養や感覚的な特性とともに安全性を向上させることができる点です。食品メーカーは、保存期間を延ばし、既存の包装技術を改善し、微生物の安全性と外的要因からの食品の保存を確保するための取り組みを強化しました。その結果、メーカーによる新製品開発が可食性フィルム・コーティング市場の成長に寄与することが期待されています。

可食性フィルム・コーティングの市場は、消費者が環境に優しいパッケージングオプションをより多く適応させることによって押し上げられるでしょう。この技術は、製品の品質、保存期間、安全性、機能性を向上させるのに役立ちます。食品の包装や輸送にプラスチックの使用が増えると、適切に分解するのが難しいため、懸念が生じます。可食性のフィルムやコーティングは、食品の保存性を高め、従来の包装ソリューションの代替となり、生分解性で環境に優しく、製品の保存期間を延ばすことができるため、最も有望な食品包装の代替品の一つです。

人工的な包装の代替品とは別に、製品には多くの利点があります。ポリマーは可食性材料に含まれるもので、単位重量が小さく、引っ張り強度に優れています。天然バイオポリマーは、海洋生物、農業、動物などから得られ、生体適合性、生分解性があるため、ライフサイエンスにおいてメリットです。そのため、製造業各社は積極的に研究開発に取り組んでいます。

可食性コーティングの利点は、包装廃棄物の最小化、生鮮食品や最小限の加工製品の保存期間の延長、食品システム内の酸素、二酸化炭素、水分、香り、味の化合物の伝達を維持することによる有害な環境影響からの保護などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]