DOOH市場、2022年~2028年までCAGR11.9%で成長予測

DOOH市場は、2022年から2028年までCAGR11.9%で成長すると予測されています。市場は2028年に143億米ドル規模に到達する見込みです。

DOOH広告は、デジタルと従来のアウトオブホームの両方の要素を併せ持つ屋外広告の一種です。これらのデジタル広告は、地域の人がアクセスできる不動産に表示されます。データはリアルタイムでデジタルスクリーンに表示されるため、デジタル広告では、よりインタラクティブでクリエイティブな、ユニークでオリジナリティのある広告を制作することができます。このため、デジタルディスプレイの視認性が向上します。消費者のインタラクティブなCMへの欲求が高まるにつれ、DOOH広告の導入も進み、市場を牽引しています。

先進国はスクリーンの普及率が最も高く、引き続き業界を支配していますが、低開発国での需要も拡大しています。都市人口の増加や経済発展が需要拡大に寄与しています。都市人口の拡大により、消費力が増大しており、その結果、企業はそれらの場所を重点的にターゲットにして普及率を高めています。アジア太平洋地域は最大の中間所得者層を擁しており、この地域の経済拡大が広告支出を刺激すると予想されます。

広告に費やすお金も着実に増えています。例えば、米国がトップで、中国、日本がそれに続きます。スクリーンあたりのROIに至っては、米国が1位を獲得しています。広告主は、より想像力に富んだインタラクティブなストリートファニチャーを開発し、オーディエンスの関心を引くと同時に、オーディエンスに関するデータを収集することも可能です。

ブランドは、適切な技術パートナーがいれば、どこでも等しく利用できるわけではない製品であっても、DOOHを活用して効果的に宣伝することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]