培養肉の市場、2022年~2028年までCAGR10.2%で成長予測

培養肉の市場は、2022年から2028年までCAGR10.2%で成長すると予測されています。市場は2028年に3億1,980万米ドル規模に到達する見込みです。

培養肉は体外肉とも呼ばれ、組織工学や細胞農業の技術を利用して作られる一種の人工肉です。肉はビタミンB12、オメガ3脂肪酸、タンパク質、鉄の優れた供給源であるため、人間の栄養ニーズを満たすために長い間使用されています。試験管内食肉は、動物の筋肉細胞を培養条件に入れて発育・増殖させることで、研究室で作られます。

培養肉は、環境への影響が少ない、動物を飼育する必要がない、公衆衛生上の問題が少ないなどの要因から市場が拡大しています。代替タンパク源には培養肉も含まれます。消費者は持続可能なライフスタイルを促進し、動物性タンパク質への依存を減らす、健康的な食生活を採用することに注目するように変わってきています。動物性タンパク質にアレルギーを持つ人々が、代替タンパク質の購入者の大半を占めています。タンパク質が豊富な食事への消費者の傾向の高まりと、重要な栄養素の需要を満たすためのオメガ3脂肪酸への依存度の高まりは、市場の成長につながると思われます。

開発中の栄養価の高い成分に対する需要の増加、細胞農業の改善、環境の持続可能性と動物福祉に対する高い素因はすべて、培養肉市場を推進する見込みです。現在、市場の主要参加者は、屠殺を伴わない食肉生産に注力しています。

動物への拷問や苦痛がない

過去50年間に動物の人口は増加し、肉の消費量は3倍になりました。農場の動物たちは、精神的、肉体的な拷問を受けています。人間の味覚を満足させるために、何十億という動物が劣悪な環境で飼育されている現実は、残酷で非人道的です。人々が奴隷を抱え、横行する性差別を容認した先人たちを見下すように、生産規模の動物虐待を取り入れた屠殺者を、子供たちは間違いなく見下すでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]