シーフード缶詰の市場、2022年~2028年までCAGR5.3%で成長予測

シーフード缶詰市場は、2022年から2028年までCAGR5.3%で成長すると予測されています。市場は2028年に421億米ドル規模に到達する見込みです。

シーフード缶詰は、加工された後、密閉されたブリキ缶などの容器に詰められ、要件に応じて特定の温度まで加熱された魚介類です。流通インフラの整備に伴い、すぐに食べられる水産物の人気が高まっていることから、同分野の発展が期待されています。また、ライフスタイルの変化やシーフード缶詰の低価格化などの要因も、業界の拡大を後押しすると予想されます。缶詰は、調理が簡単で時間がかからないため、在宅勤務や留守番の多い消費者に好まれています。

殺菌された魚介類は、101℃の非常に高い内部温度と121℃の加熱温度で加熱処理され、保存が利くという特徴があります。シーフード缶詰は、主にレトルト調理で加工されます。レトルト調理は、微生物に対して脆弱な低酸性食品を密閉加熱するプロセスであり、内部の製品の有効期間を増加させることを意図して気密シール器具と呼ぶことができます。レトルト調理器は、12psiから15psiの圧力で使用されます。

さらに、シーフード缶詰の包装にレトルトパウチが使われるようになり、従来から使われてきた金属缶に代わる新たなトレンドとなっています。レトルトパウチとは、高温・高圧に耐えられるよう何重にもシールされたフレキシブルな容器です。湿気や有害なガスが食品に触れるのを防ぎ、軽量で持ち運びがしやすく、コストパフォーマンスに優れていることから、高いニーズがあります。

消費者の間では、環境や社会に配慮した水産物の調達に対する意識が高まっており、消費者は持続可能な方法で調達された水産物を選ぶようになってきています。このため、持続可能な活動を支援し、シーフード缶詰の販売を促進するために、海洋管理協議会(MSC)や養殖管理協議会(ASC)の認証を受けた漁業からの原料を求めるサプライヤーが増加しているのです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]