トマトケチャップ市場、2022年~2028年までCAGR2.6%で成長予測

トマトケチャップ市場は、2022年から2028年までCAGR2.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に241億米ドル規模に到達する見込みです。

トマトケチャップは、トマト、スパイス、ハーブ、砂糖、その他の添加物を使用して作られる、ピリッとした甘みのある風味の調味料です。単にケチャップと呼ばれることもあります。ミレニアル世代やZ世代が、ファストフードでトマトケチャップを使用するようになったことが、市場を牽引しています。カフェやファストフード店、モーテルなど、飲食業界におけるトマトケチャップの使用増加が、市場拡大を後押ししています。

この業界は、西洋のファストフードに対する顧客の嗜好や、世界中で食生活の嗜好が常に変化していることが原因となって成長しています。中間層の増加、可処分所得の増加、世界的な都市化により、市場の発展が期待されています。有機ケチャップへの需要の高まりは健康への関心の高まりと、利点に対する消費者の認識が世界的に高まっていることから、業界の売上を牽引しています。

メーカー各社は、ホット&スパイシーやローストガーリックなど、幅広いアイテムを取り揃えています。一方、米国、ドイツ、英国、中国、インドにおける政府のガイドラインは、ケチャップ商品の品質を維持することが期待されます。米国では、FDA(食品医薬品局)、FSSAI(食品製品規格・食品添加物協会)、USDA(米国農務省)が、ファストフードや関連商品のメーカーに対して多くの政府規制や勧告を行っています。このような政府のガイドラインや手順により、消費者が口にする前に衛生的な基準を満たすことが保証されています。

市場の成長要因

調理済み食品(RTE)の人気の高まり

ミレニアル世代を中心に世界中でRTE(Ready-to-Eat)ファストフードの需要が高まっていることが、市場の主な要因となっています。フリッター、ピザ、サンドイッチ、ハンバーガー、フライドポテトなど、トマトケチャップを使用した食品はどれもおいしく召し上がれます。消費者のライフスタイルの変化、消費能力の向上、栄養面での選択の変化などが、市場拡大の要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]